現地11月7日、アリゾナ州スコッツデールでMLBのGM会議が開幕し、今オフのストーブリーグが幕を開けた。そのタイミングで『MLB.com』は、有識者58人の声を集める形でFA選手11人の移籍先を予測した。

【PHOTO】日々輝く大谷翔平が魅せる喜怒哀楽の厳選ショット!(Part1)

 記事のトップを飾ったのは、もちろん大谷翔平だ。大きな注目を集める二刀流について、有識者が見立てた移籍先は圧倒的にロサンゼルス・ドジャースだった。「私たち『MLB.com』の有識者は、オオタニの次のチームにドジャースを選んだ。2位のサンフランシスコ・ジャイアンツに大差をつけた」と結果を公表した。
  続けて、「ドジャースは二刀流のスーパースターに5億ドル(約752億円)以上の記録的な契約を提示する手段と動機を持っている。これまでアナハイム(ロサンゼルス・エンジェルスの本拠地)でプレーしてきたオオタニが、南カリフォルニアにとどまる決断をする可能性は大いにある。オオタニは次の契約で、契約総額および年俸のMLB記録を更新する可能性が高い」と伝えた。

『MLB.com』が独自に行なった移籍先調査の1位はドジャースで、2位がジャイアンツ。その他には、シアトル・マリナーズ、エンジェルス、ボストン・レッドソックス、テキサス・レンジャーズ、ニューヨーク・メッツ、ニューヨーク・ヤンキースに票が入ったという。やはり米メディア関係者は、大谷の移籍先をドジャースと見ているようだ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】ドジャース、大谷翔平の獲得に向けてDH枠を用意!「JD・マルティネスにクオリファイング・オファーを出さない」と米メディア報道

【関連記事】2番に大谷翔平、3番にトラウト、4番にベリンジャー!エンジェルス専門メディアが“夢のラインアップ”を構成「夢を見るくらいいいだろう」

【関連記事】大谷翔平が正式FAで全球団との交渉スタート!独占交渉期間を終えたエンジェルスは、今オフをどう乗り切るのか「取り組むべき問題は…」