NBAの“キング”ことレブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)は、2010年にクリーブランド・キャバリアーズからフリーエージェント(FA)になった際、マイアミ・ヒートへ移籍した。ドゥエイン・ウェイド、クリス・ボッシュと“スリーキングス”を形成し、12年、13年にリーグ2連覇を果たしたのは記憶に新しいが、元NBA選手のギルバート・アリナスは、レブロンにとってヒートは最優先オプションではなかったと見解を述べている。

 2003年のドラフト全体1位指名でキャブズに入団したレブロンは、瞬く間にチームの絶対的エースへと昇り詰める。06年から5年連続でプレーオフに進出し、07年にはNBAファイナルに駒を進めるも、サンアントニオ・スパーズの前に4連敗。キャブズでの7シーズンでリーグタイトルを手にできず、10年にヒートへと移籍した。

 米スポーツ専門局『ESPN』の特別番組『The Decision』でヒート行きを発表し、ウェイド、ボッシュという同期のスーパースターとトリオを組むと、キャブズの英雄から一転、ファンがレブロンのユニフォームを燃やして批判を繰り広げるなど全米中の悪役となったのはあまりに有名な話だ。
  ヒート以外のチームもレブロンの獲得に動き、その去就は大いに注目されていたが、当時現役だったアリナスは自身がホスト役を務めるポッドキャスト番組『Gil's Arena』で「実は、彼ら(レブロンサイド)はシカゴ(ブルズ)かニューヨーク(ニックス)に行きたがっていた。覚えている。その時、彼は(MLBチームの)LAドジャースのキャップをかぶっていた。あらゆる兆候があったんだ」と振り返る。

 アリナスによれば、ニックスはレブロンを獲得するために、ユニット結成を目論んでFAのジョー・ジョンソンを狙ったが、最終的にアトランタ・ホークスに残留。レブロンがシューターのマイク・ミラーとプレーすることを望んでいると知ると、5年総額6000万ドル(約91億円)のオファーを提示したという。

「ニューヨークはレブロンがマイク・ミラーと手を組むと聞いて、マイク・ミラーに6000万ドルを準備したが、ミラーはそれを断った。みんなそれを知らないんだ。マイク・ミラーは6000万ドルを断って、マイアミと3000万ドル(約45億5000万円)で契約したんだ」
  過去には、レブロンの第一希望はニックスだったが、名物オーナーのジュームズ・ドーランが何の準備もせずにレブロンとの面談を迎え、2回目の交渉に進むことはなかったと『The Ringer』のビル・シモンズ記者が指摘。ニックスOBでもあるチャールズ・オークリーも自身の回顧録「ザ・ラスト・エンフォーサー」で、レブロンがニックスでプレーしなかった理由はオーナーのドーランにあると記している。

「レブロンはマイアミに行っていなければ、勝てなかっただろうという声もあるが、それは間違っている。シャキール・オニールも、アントワン・ジェイミソンもクリーブランドへ行ったが、正しくない選手を獲得してしまったと人々は気づいていない。誰でも連れてこれるフリーエージェントだった。
  キーピースはマイク・ミラーとユドニス・ハズレムだった。レブロンとボッシュ、Dウェイドは100万ドル(約1億5000万円)の減給を、マイク・ミラーは3000万ドル少ないオファーを受け入れ、ハズレムは残留することができた」

 さまざまな水面下の動きの末にヒートに移籍し、悲願だったリーグタイトルを獲得するなど、さらなる飛躍を遂げたレブロン。もしニックスやブルズに新天地を求めていた場合、同じ栄光のシナリオがあったかは神のみぞ知るところだ。

構成●ダンクシュート編集部

「レブロンはカルチャーだ」元ライバルが語る“キング”の凄み「彼は自分が行きたいチームに行き、そこで1回はチャンピオンになっている」<DUNKSHOOT>

「ここで過ごした4年間は素晴らしかった」レブロンが“真のキング”となったヒート時代を回想「すべてを気に入っている」<DUNKSHOOT>

ヒートの「歴代ベスト5」を選定!PG〜SFは文句なし、激戦となったビッグマンは…