F1は今週末、第22戦のラスベガス・グランプリが開催される。世界最高峰レースが41年ぶりに帰ってきた世界有数の観光都市での、直線を繋ぎ合わせたようなストリート・サーキットで行なわれるレースに向けて、アルファタウリの角田裕毅が意気込み等を語っている。

【動画】角田裕毅が最後方から9位と健闘!ブラジルGP決勝レース 北中南米での3連戦では、アメリカGPとブラジルGPでそれぞれ5ポイントずつ獲得し、メキシコGPでも快走を見せた角田。チームのプレスリリース等を通して、「直近の3レースは本当に良かったです。チームとしても、それぞれでポイントを獲得して、現在は勢いがあります。(チャンピオンシップ7位の)ウィリアムズとの差(7ポイント)がどれだけ縮まったかを見るのは、とてもポジティブです」と振り返り、ラスベガスGPに向けて以下のように続けた。

「オースティンで持ち込んだアップグレードの多くは、我々にさらなる自信とペースをもたらしました。正直言って、ブラジルでのようなパフォーマンスを発揮できるとは予想していませんでした。そして今、そのポジティブな感覚を次の2レースに持ち込み、積極的に戦って、チャンピオンシップで7位となるための、十分なポイントを獲得する必要があります」

 新たな市街地コースについては、「シミュレーターで走行しましたが、非常に速く、非常に長いストレートがあります。ほとんどのコーナーは低速なので、強いブレーキングが必要になります」と特徴を挙げ、「これまで、長いストレートがあるサーキットでは苦労することが多かったです」としながらも、日本人ドライバーはレースに明るい展望を示している。

「ポジティブな点として、我々が常に良いパフォーマンスを発揮できるバクー(アゼルバイジャン)と似た特性を持っているように感じます。僕は楽観的ですが、チャンピオンシップを考えれば、ウィリアムズもこのタイプのコースには強いことが予想できるので、我々は一生懸命戦い、彼らを上回ることを目指します」
  変則的に初日が木曜日で(2日目以降はこれまで同様に土、日曜日)、全セッションがナイターで開催されるこのレースウィークについて、彼は詳細にも言及し、「このレースに向けての大きな注目点は、夜になってコース上で非常に寒くなる可能性があることです。もちろん、エンジニアはこれについて調べていますが、全ての車に対して確実に影響を与えます。特に予選では、タイヤのウォームアップ方法や挙動にも影響するでしょう」と指摘する。
 「シミュレーターでたくさんのラップを走り、チームもコースに関するデータを元にシミュレーションを行なっていますが、タイヤと路面からどれだけのグリップが得られるかは予測がつきません。全てが未知数ですが、チームは多くのデータを収集して分析するなど準備してきたので、フリー走行1回目に向け、かなりコースに対する理解を深められると思います」とも語った角田は、路面についても以下のように説明した。

「路面が摩耗している場合、長いストレートに向けて、比較的低いダウンフォース設定が機能するはずです。低ダウンフォースでの走行は、その状況でかなりのタイムを出せるし、摩耗した路面もタイヤのウォームアップに役立ちます。しかし、路面が非常に滑らかな場合は、より高いダウンフォースが必要かもしれません。その答えを知るには、FP1まで待たなければなりません。とにかく、車の中で寒さを感じることだけは避けたいです」

また、ラスベガス独特の特徴にも注目し、「もうひとつの興味深い要素は、『ストリップ』の(車や建物などの)動く照明です。他のナイトレースでは、コース外のライティングがそれほど多くないので、これは注目すべきものです。しかし、コースの照明は他の光を打ち消すほど明るいはずなので、ドライビングに影響はないと思います」と見解を示している。

 各国の専門メディアの報道を見ると、イタリアの自動車専門サイト『MOTORIONLINE』は、「ユウキは2023年F1の終盤の戦いであるラスベガスGPでも、このところの良いパフォーマンスを維持したいと考えている。ファエンツァの日本人ドライバーは、メキシコで速さを示し、ブラジルではトップ10入りするなど、チームがオースティンで導入したアップデートの影響もあり、重要な進歩を遂げることができた。これが彼にとって、シーズンのフィナーレに向けて良い期待を持たせる要因となっている」と綴った。

 また、フランスのモータースポーツ専門サイト『NEXTGEN-AUTO』は、「角田はアルファタウリの勢いを活かし、今週末、新たなポイントを獲得したいと考えている。このコースは全てのチームにとって未知のものであり、特別な挑戦が待っている。彼が狙うのは、現在ウィリアムズがつけているチャンピオンシップ7位の座だ。ポイント差は7だが、日本人ドライバーによれば、残り2レースで全てが可能だという」と、チーム対決にも注目している。

構成●THE DIGEST編集部

【ブラジルGP動画】アウトへ振って一気にオーバーテイク! 角田裕毅がハミルトンを抜き去り6位に浮上
「なんというドライブ!」F1角田裕毅の激走に専門メディア&海外ファンも大興奮! “因縁”ハミルトンを追い抜き6位入賞【ブラジルGPスプリント】
【関連記事】ブラジルGP予選で早期敗退を喫した角田裕毅。“走行妨害“ハミルトンに「かなり気を取られた」と非難も、専門メディアは「お馴染みの愚痴」と辛辣