フィギュアスケート男子で14年ソチ、18年平昌五輪と2連覇を達成し、現在はプロスケーターとして活躍する羽生結弦11月17日、SNSで離婚を報告。その衝撃が中国でも広がっている。
【PHOTO】儚くも美しい世界観に心酔!“氷上のプリンス”羽生結弦のメモリアルショットを一挙お届け!

 中国メディア『捜狐』は「結婚して3ヶ月後、羽生結弦は正式に離婚を発表した。その理由はあまりにも悲惨なものだった」と報道。8月4日の公表から、わずか105日で結婚生活にピリオドを打った羽生について言及した。

 羽生は、自身だけでなく親族、関係者に対する誹謗中傷、ストーカー行為、許可のない取材や報道に心を痛めていたとX(旧ツイッター)で告白。「私が未熟であるがゆえに、現状のままお相手と私自身を守り続けることは極めて難しく、耐え難いものでした」としたうえで、「これからの未来を考えたとき、お相手に幸せであってほしい、制限のない幸せでいてほしいという思いから、離婚するという決断をいたしました」と説明した。

 これを受け、同メディアは「羽生結弦の離婚理由を最初に聞いたあと、あまりにも馬鹿げていると思った」とバッサリ。「結局のところ、著名人は、この種の問題に遭遇することは避けられない。問題を解決するために離婚を選ぶとは予想外だ」と驚きを隠せない様子を見せている。
  だが一方で、同メディアは「彼が綴った文章を読むと、悲しくてやりきれない気持ちになる」とも記述。「羽生結弦と彼の妻はお互いを愛しているにもかかわらず、彼らの結婚は一部のメディアの行き過ぎた報道によって強制的に破局へ導かれたことが想像できる」と予測すると、続けて「あらゆる嫌がらせに耐えきれず、別れを選択しなければならないのは、非常に残念で腹立たしいことだ」と見解を述べた。

 そして最後に、同メディアは「羽生らに対する誹謗中傷や、過熱報道を続けたメディアが、新婚夫婦の幸せな生活を台無しにするほど追い詰めた。あなたは満足していますか?」と疑問を投げかけた。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「無責任ではないか!」羽生結弦の“スピード離婚”に中国では批判の声も!SNSでトレンド入り「女性を守れないというのは言い訳だ」

【関連記事】「多くの謎を残したまま...」羽生結弦の“離婚報道”に台湾メディアも衝撃!「日本のスケート界のプリンスが深夜に離婚を発表」

【PHOTO】プロフィギュアスケーター・羽生結弦の魅力が凝縮された単独アイスショー『プロローグ』