去就が注目されている大谷翔平を巡って、連日のように移籍の噂が報じられているなか、ロサンゼルス・エンジェルスの専門メディア『Halos Today』が、「エンジェルス・ファンは安堵した」と報じた。

【PHOTO】いざ制覇へ!アジアプロ野球チャンピオンシップに挑む、侍ジャパンメンバーを一挙紹介!

 これは、『MLB.com』のダニエル・クレイマー記者が11月17日に、「球界の関係者が、シアトル・マリナーズの今オフシーズンの現実的な計画に、オオタニの獲得は含まれていないとMLB.comに語った」という報道を受けたものだ。

『Halos Today』は、「オオタニがどこかに移籍すれば、それはエンジェルスにとって大きなダメージとなるが、エンジェルスと同じア・リーグ西地区のマリナーズだったら、さらなる痛手を被っていただろう。世界中のエンジェルス・ファンは安堵した」と伝えている。
  ア・リーグ西地区にはほかにも、ヒューストン・アストロズ、テキサス・レンジャーズ、オークランド・アスレテイックスがいるが、「アストロズの噂はなく、アスレティックスが獲得することはないだろう。レンジャーズが二刀流を狙っていると言われているが、マリナーズがオオタニから撤退したことで、移籍先がア・リーグ西地区になる可能性は少なくなった」と見通している。

 大谷の移籍は仕方がないとしても、同じア・リーグ西地区の球団には移籍してほしくない――。これがエンジェルス専門メディアの偽りのない心境なのだろう。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】ドジャースが大谷翔平とトラウトのW獲り? ドミニカ記者の報道に現地ファン懐疑的「それはないだろう」「これ以上のバットは必要ない。投手が必要だ」

【関連記事】「顕著なリスクが伴うことを無視できない」マリナーズが大谷争奪戦から撤退か!? MLB公式記者が球団事情に見解

【関連記事】MLB記者が歴代MVPシーズンを独自ランク! ”前例がない”大谷翔平の2度目の満票MVPはまさかの19位!「当てはめるのは不可能だ」