現地時間11月17日(日本時間18日、日付は以下同)、米メディア『NBC Sports Bay Area』がゴールデンステイト・ウォリアーズに関するポッドキャスト番組『Dubs Talk』の最新エピソードを公開した。

 そこにはウォリアーズのフランチャイズプレーヤー、ステフィン・カリーのインタビューも収録されており、「レジェンドたちのなかで一緒にプレーしてみたい選手を3人挙げるなら?」という質問があった。

 カリーはウォリアーズ一筋15年目のスーパースター。今季はヒザの痛みのため2試合を欠場も、18日のオクラホマシティ・サンダー戦で復帰。チームは延長に持ち込まれ、最終スコア123−130で敗れて6連敗、ウエスタン・カンファレンス10位の6勝8敗(勝率42.9%)と順位を落としている。

 とはいえ、復帰戦で約40分コートに立ったカリーは、5本の3ポイントを決めるなど計25得点に7リバウンド、3アシストを記録。35歳ながら、今季も12試合の出場で平均30.3点、4.8リバウンド、3.8アシストに3ポイント成功率44.7%を残し、1試合平均で自己最高ペースとなる5.6本も沈めるなど、依然としてリーグトップレベルの力を維持している。
  そんなカリーが挙げたレジェンド3人は、マイケル・ジョーダン、シャックことシャキール・オニール、アキーム・オラジュワン。ジョーダンは史上最高の選手と名高いスーパースターで、シャックとオラジュワンはセンターと、ポジションも異なる回答となった。

「僕のトップ3は……ジョーダン、シャック、あとはオラジュワンと言っておくよ。ぜひともあの3人とは一緒にプレーしてみたいね。ジョーダンは個人的にも間近で見てみたい。それに、僕とアキーム、僕とシャックによるピック&ロールはほとんどアンストッパブルになるだろうから」

 カリーは今季のチームにおいて、クレイ・トンプソン(ウイング)、ドレイモンド・グリーン(フォワード兼センター)、クリス・ポール(ガード)、アンドリュー・ウィギンズ(ウイング)と、4人のオールスター経験者とプレーしている。
  これまでにはケビン・デュラント(フォワード/現フェニックス・サンズ)やアンドレ・イグダーラ(ウイング)といったスター選手らと共演したのだが、センターに限ると、アンドリュー・ボーガットやザザ・パチューリアは優秀なロールプレーヤーだったが、オールスターに選ばれた経歴があったのはデマーカス・カズンズ(現無所属)のみ。そのカズンズもウォリアーズ在籍時はケガに泣き、ベストな状態でカリーとプレーしたわけではなかった。

 10度の得点王に輝き、6度の優勝とファイナルMVP、5度のシーズンMVPに選ばれたジョーダンは、キャリア初期に圧倒的な身体能力でスラッシャーとして名を馳せ、中盤以降はジャンパーを磨いてミッドポストを支配。ジョーダンがミッドポストでボールを持ち、カリーがコートを駆け回るとなれば、相手チームにとって悪夢でしかない。

 それは1990年代を代表するセンターも同じだろう。213cm・116kgのオラジュワンは、サイズ離れした機動力を備え、ペイントエリアで繰り出す華麗なステップワークと巧みなボールフェイクを織り交ぜた“ドリームシェイク”でリーグトップのセンターに君臨した。
  一方のシャックは216cm・147kgと圧倒的な高さと驚異的なパワーがあり、クイックネスも持ち合わせていた支配的なビッグマン。他を圧倒するサイズとパワーを駆使してペイントエリアを陣取り、“シャックアタック”と恐れられた迫力満点のダンクを叩き込んでリング下を制圧してきた。

 カリーはNBA史上最高と評される3ポイントという飛び道具があるだけでなく、ボールハンドリングやパサーとしてのスキルも兼備していることから、リーグ史上最高級のセンターとの2メンゲームは恐ろしいことになるだろう。

 例えば、オラジュワンが得意の左ポストでボールを受け、カリーがオフボールムーブからボールを受け取って難なくキャッチ&シュート、あるいは自身がハンドラーとなってマークマンを代え、ポケットパスを手にしたオラジュワンが流麗なスピンムーブで相手を交わして柔らかいショットを決めるシーンが想像できる。
  シャックについては基本的にカリーがハンドラーとなるが、厚みのある身体を持つ巨漢によるスクリーンで軽々とマークマンをかわし、相手が間合いを詰めてこなければ長距離砲、近づいてくればドライブで抜き去り、ミスマッチとなったシャックの豪快なダンクを演出することが可能だろう。

 また、オラジュワンとシャックにはパスセンスも備えており、ポストからカッティングするカリー、あるいは3ポイントラインに出てきたカリーへ回して効率良く3点を追加していたに違いない。
  今後のキャリアで、カリーがリーグ最高級のビッグマンと同じチームでプレーすることができるかは微妙だ。だからこそ、オラジュワンとシャックと回答したことは興味深いものだった。

文●秋山裕之(フリーライター)

【PHOTO】プレーでもルックスでもファンを魅了!NBA史上最高のシューター、ステフィン・カリーの厳選ショット!