韓国メディアの『OSEN』が、トッテナムからバイエルンに移籍したハリー・ケインの回答に失望した。11月21日に『ESPN UK』がX(旧ツイッター)にアップした動画で、ケインが理想のストライカー像についてコメント。「動き」「スピード」「ヘディング」「フィニッシュワーク」「強さ」「ドリブル」「連係プレー」「運動量」の8項目で、それぞれ最高と思う選手名を挙げていった。そこにトッテナム時代にコンビを組んだソン・フンミンを挙げなかったのだ。

【動画】理想のストライカー像を語るケインのムービーをチェック!

 ケインは、「動き」にエディンソン・カバーニ(ボカ)、「スピード」にクリスティアーノ・ロナウド(アル・ナスル)、「ヘディング」にピーター・クラウチ(元イングランド代表)、「フィニッシュワーク」に自身の名前を挙げ、「強さ」にディディエ・ドログバ(元コートジボワール代表)、「ドリブル」にキリアン・エムバペ(パリSG)、「連係プレー」にウェイン・ルーニー(元イングランド代表)、「運動量」にジュード・ベリンガム(R・マドリー)をチョイスした。
 『OSEN』はこの人選に納得していないようで、「間違いだろう? ケインはソン・フンミンを入れなかった。最後まで名前が出てこなかった」と報道。「トッテナム時代に、阿吽の呼吸でプレミアリーグ史上最高のデュオと呼ばれたが、その元相棒に言及しなかった」と落胆している。

 ソン・フンミンを選ばなかったケインの人選については、トッテナム専門メディアの『Spurs Web』も取り上げていた。「“スピード”と“運動量”の候補にソン・フンミンは入るだろうし、少なくともひとつには該当するだろう。どういう意図でケインが人選したのか分からない。深い意味はないのだろうが…」との一文を『OSEN』が引用し、「現地でも深く考え過ぎないほうがいいと言っている」と伝えた。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】アッズーリのポット4入りを伊紙憂慮「最悪なのはフランス、デンマーク、クロアチアと同じ組に入ること」最良は「ベルギー、アルバニア、スロベニア」【EURO2024】
【関連記事】ストイコビッチ監督率いるセルビア代表がEURO2024へ!現地メディアは早速メンバー23人を大予想「“ピクシー”の最終リストはこれだ」
 
【関連記事】マレーシアでプレーしていたヨルダン代表CB、主審への突き&蹴り&唾吐きで永久追放!9月の試合で愚行→クラブが契約解除→協会が11月に処分決定