フィギュアスケート男子で14年ソチ、18年平昌と五輪2連覇を達成した羽生結弦が11月17日、SNSで離婚を報告。その動揺は1週間経っても収まりそうにない。
【PHOTO】儚くも美しい世界観に心酔!“氷上のプリンス”羽生結弦のメモリアルショットを一挙お届け!

 8月4日に一般人女性との結婚を公表してから、わずか105日で別々の道を歩むことを決意した羽生。しかも、その理由は、誹謗中傷やストーカー行為、許可のない取材や報道により苦しんだためだという。

「これからの未来を考えたとき、お相手に幸せであってほしい、制限のない幸せでいてほしいという思いから、離婚するという決断をいたしました」

 その離婚理由に違和感を覚えたのは中国メディアの『捜狐』だ。「羽生結弦は、離婚を選択した理由を日本のマスコミのせいと語っているが、本当にそうなのか? 羽生結弦が結婚していなかった時、誰もその女性に嫌がらせをしなかったのか」と疑問を投げ掛けた。
  さらに、同メディアは「本当に馬鹿げた話だ。離婚後は誰も女性に迷惑をかけなくなるのか?」と前妻を慮ったうえで、「“メディアのせい”という言い訳に、多くの人が不信感を抱いている。離婚には別の隠された理由があるに違いない」と見解を述べた。

 そして、同メディアは「羽生結弦は結婚を発表する前は、このような展開になるとは予想していなかったかもしれない」と推測したうえで、「我々は彼をとても尊敬しているが、突然結婚を発表し、突然離婚を報告するなんて、妻に対して少々無責任なところがあるように感じる」とぶった斬った。

 真相は謎に包まれたままだが、同メディアは「この問題は終わったので、彼らが残りの人生において、自分の幸せを見つけて元気に過ごすことを願っている」と祈りを込めた。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「あまりにも馬鹿げている!」羽生結弦、衝撃の“離婚理由”に中国メディアが絶句!「悲しくてやりきれない」

【関連記事】「無責任ではないか!」羽生結弦の“スピード離婚”に中国では批判の声も!SNSでトレンド入り「女性を守れないというのは言い訳だ」

【PHOTO】プロフィギュアスケーター・羽生結弦の魅力が凝縮された単独アイスショー『プロローグ』