オリンピックの歴史にさん然と輝く伝説プログラムが再脚光を浴びている。

 去る11月17日の深夜、プロフィギュアスケーターの羽生結弦が自身の公式SNSを更新。今年8月4日に結婚発表した一般女性との離婚を発表した。
【PHOTO】儚くも美しい世界観に心酔!“氷上のプリンス”羽生結弦のメモリアルショットを一挙お届け!

 世界からも絶大な人気を誇るプロスケーターが深夜に投稿した突然の報告は日本列島に大きな衝撃を与え、その理由には動揺が広がった。

 結婚発表以降、羽生は様々な場面でプライバシーを脅かされる事態に直面していたことを明かし、誹謗中傷やストーカー行為だけでなく、一部メディアの行き過ぎた過剰報道に悩んでいたことを吐露した。

 そうしたうえで、「私が未熟であるがゆえに、現状のままお相手と私自身を守り続けることは極めて難しく、耐え難いものでした。これからの未来を考えたとき、お相手に幸せであってほしい、制限のない幸せでいてほしいという思いから、離婚するという決断をいたしました」と実情を綴り、ここまでの経緯を説明した。

 競技会から退いてもなお、根強い人気を誇るフィギュア界のスーパースターの異例な離婚理由は、海外にも波及。日本メディアの過剰な報道を批判する声もあれば、離婚理由に不信感を覚えた中国メディアは持論を展開。「離婚には別の隠された理由があるに違いない」という疑心暗鬼な見解を示すなど、偉才の決断には賛否両論が巻き起こった。
  そんな騒動の渦中にいる羽生だが、意外なところで注目を浴びている。

 彼の離婚発表後、過去の名プログラムが再び急上昇しているのだ。なかでも、五輪公式Youtubeチャンネル『Olympics』に配信されている2018年平昌五輪のフリースケーティング『SEIMEI』の視聴回数が11月26日時点で、なんと3302万人を突破。異例の数値を叩き出し、現在もこのプログラムの動画視聴は伸び続けている。

 この『SEIMEI』は羽生自身も認める最高プログラムのひとつで、プロに転向して初めて開催した単独アイスショー『プロローグ』では一発目に起用され、一夜限りの東京ドーム公演『GIFT』でも披露するほど、思い入れが強い名プログラムだ。

 他にも、初めてオリンピック金メダリストに輝いた14年ソチ五輪のショート『パリの散歩道』も上昇。あと一歩で1400万回に到達するほど、ファンの根強い支持を受け続けている。

 わずか105日で、前妻と別々の道を歩むことを決意した羽生。フィギュアスケート界の歴史に大きな足跡を残した男の影響力は、いまだ衰え知らずである。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「本当にマスコミのせいなのか?」羽生結弦の“電撃離婚”に中国メディアが疑問を投げ掛け「隠された理由があるに違いない」と独自の見解も

【関連記事】「あまりにも馬鹿げている!」羽生結弦、衝撃の“離婚理由”に中国メディアが絶句!「悲しくてやりきれない」

【関連記事】「無責任ではないか!」羽生結弦の“スピード離婚”に中国では批判の声も!SNSでトレンド入り「女性を守れないというのは言い訳だ」