現地時間11月26日、バレーボールのイタリアリーグ/スーペルレーガで2023-24シーズン前半7節が行なわれた。男子日本代表の石川祐希が所属するアリアンツ・ミラノは、パッラボーロ・パドヴァとホームで対戦し、セットカウント3−0(25-17、26-24、25-19)のストレート勝利で、欧州大会を含む3連勝を果たしてコッパイタリア出場枠へ浮上した。

【PHOTO】16年ぶりの自力出場を決めた“龍神NIPPON”!笑顔の選手たちを厳選ショットで特集!

 ミラノは開幕から続いた正セッター不在が重くのしかかり、6試合を終えた時点で2勝4敗。この日の対戦相手である7位パドヴァのほか、8位チステルナと9位ヴェローナの3チームと勝点は同数だが、勝利数または得失セット率で下回り、暫定10位(パドヴァとヴェローナが消化試合数+1)と不本意な順位に甘んじていた。石川が今季初MVP(マン・オブ・ザ・マッチ)に輝いた前節のアウェー初勝利の後、直近の欧州大会CEVカップでも白星発進。勢いを味方につけてこの対戦へ臨んだ。

 パドヴァは石川がミラノ加入の前年2019-20シーズンに籍を置いた古巣。モンツァに加入した高橋藍も2021-22から1シーズン半にわたり所属し、昨季は中心選手としてトップリーグ残留に貢献した。今季は石川にとって中央大学の後輩になる谷口渉が東京グレートベアーズからレンタル移籍した。強烈なサーブを武器にチヴィタノーヴァから移籍したオポジット(OP)ガビ・ガルシア フェルナンデス(米国)と在籍2年目のアウトサイドヒッター(OH)ダビデ・ガルディーニ(イタリア)が予定通りに先発出場。主力から、OHマタイス・デスメットは軽度の負傷によりベンチスタートとなり、ビクトリーナ姫路で昨季までプレーした姉セレステとともにオランダ代表を担うミドルブロッカー(MB)ファビアン・プラクは招集外(詳細発表なし)となった。
  ミラノはOH石川の対角にマテイ・カジースキ(ブルガリア)、MBにアグスティン・ロセル(アルゼンチン)と主将のマッテオ・ピアノ(イタリア)、セッターがパオロ・ポッロ。OPは、足首負傷でリカバリー中のペータル・ディルリッチ(クロアチア)に代わって活躍中のフェレ・レゲルス(ベルギー)を起用した。

 なお、イタリア国内では11月25日の『女性に対する暴力撤廃の国際デー』へ賛同の意を込めて、バレーボールやサッカーなど今週末に開催の全競技で、選手、スタッフと審判らが頬に赤いペイントを施し、試合に臨んだ。
  先週水曜日のCEVカップ後、翌日を休養日にあてて中3日でこの対戦を迎えたミラノは、開始間もなく優位に立つと、好調なサーブを起点に順調にリードを広げ、まずは第1セットを奪取した。3日後にアウェーでの欧州セカンドレグ、そして、再び週末にリーグ戦が控えるハードスケジュールを見据え、ロベルト・ピアッツァ監督は、開幕からフル稼働だった石川の温存を決断。ガルシア フェルナンデスの連続エースで逆転された第2セット終盤のみ、急きょ交代出場して守備で期待に応えたが、第3セットは最後までコートへ戻らず。3兄弟全員がバレーボール選手である司令塔ポッロの弟(次男)で、途中出場したパドヴァのOHルーカにサーブで押し込まれるも8点リードの貯金が功を奏し、ストレート勝利で決着をつけた。

 ミラノはこの勝利で、コッパイタリア出場圏内(8位以内)の7位へ浮上。勝点で並び勝利数で「1」上回るモデナが6位につけている。

 2セット目以降はほぼ終了までコートサイドから試合を見守った石川は、アタックのみで2得点。開幕から続いた正セッター不在の苦しい状況下でチームをけん引し続けた大黒柱が、厳しい日程の中で休養できたことは、今後に向けて好材料となるはずだ。
  国際バレーボール連盟の配信サービス『Volleyball TV』で解説を務めた元イタリア代表のジョルジョ・ゴルドーニ氏は、「今夏は日本代表のイシカワに魅了された。とんでもなく素晴らしい活躍をしていた。観る人を惹きつける選手」と代表シーズンから途切れることのない奮闘ぶりを絶賛し、「監督がここで休養させたのは当然の選択」とコメント。また、ベンチに下がってからもタイムアウトの度にチームメートに近づき声をかける姿に注目して、「ユウキ・イシカワが仲間の士気を上げている」と述べて、コートの外でも率先して行動する姿勢に感心しきりだった。

 同氏が予想していた谷口の出場は、残念ながら実現せず。シーズン後半の対戦を楽しみにしたい。

 ミラノの次戦は、欧州バレーボール連盟が主催するCEVバレーボールカップ/ラウンド16のセカンドレグ(日本時間11月30日午前4時30分開始予定)。ミッドウィークにベルギーリーグのデコスパン VT メネンとのアウェー戦に臨む。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】スロベニア撃破に貢献!キャプテンとしてチームを牽引した石川祐希を特集!

【PHOTO】各国の女性から黄色い声!アジア競技大会を沸かせた「神レベルの超イケメン5」を特集!