現地時間11月28日、NBAは「インシーズン・トーナメント」グループステージの最終日を迎え、12月4日から行なわれる決勝トーナメント進出チームが出揃った。

 ともにウエスタン・カンファレンスの同グループに所属する日本人2選手は、この日は試合がなかったものの、東西の各カンファレンスから4チームが駒を進めるノックアウトラウンド行きを決めている。

 八村塁所属のロサンゼルス・レイカーズは、ウエスタン・カンファレンスのグループAを首位(4勝0敗)で突破。渡邊雄太所属のフェニックス・サンズは同2位(3勝1敗)ながら、他グループの2位チームとの成績で上回り、各カンファレンスに1つ与えられたワイルドカード枠を勝ち取った。

「インシーズン・トーナメント」は今季から導入されたNBA初のカップ戦で、その名の通りレギュラーシーズンのスケジュール内に組み込む形で11〜12月に開催。勝敗や選手の成績も、決勝の1試合を除きすべてシーズンの成績に反映される。
  5チームで争うグループステージは11月の毎週火・金曜日(現地時間)に行なわれ、各カンファレンスで3つに分かれたグループの各1位チーム、そして2位のなかで最も成績が良い1チームがワイルドカードとしてノックアウトラウンドへ進出。

 準々決勝以降はすべて一発勝負なのに加え、12月7日の準決勝、9日の決勝はラスベガスのT-モバイル・アリーナで開催。優勝したチームには1人あたり50万ドル(約7500万円)の賞金が与えられる。

 グループステージの結果を受け、レイカーズはウエストの第1シード、サンズは第4シードとなり、準々決勝での対戦が決定。そのほか、各グループの結果は以下の通りだ(カッコ内は得失点差、★=ノックアウトラウンド進出)。

■イースタン・カンファレンス

[グループA]
1位:ペイサーズ/4勝0敗(+39)★
2位:キャバリアーズ/3勝1敗(+29)
3位:76ers/2勝2敗(+9)
4位:ホークス/1勝3敗(−32)
5位:ピストンズ/0勝4敗(−45)

[グループB]
1位:バックス/4勝0敗(+46)★
2位:ニックス/3勝1敗(+42)★
3位:ヒート/2勝2敗(+4)
4位:ホーネッツ/1勝3敗(−54)
5位:ウィザーズ/0勝4敗(−38)

[グループC]
1位:セルティックス/3勝1敗(+27)★
2位:マジック/3勝1敗(+22)
3位:ネッツ/3勝1敗(+20)
4位:ラプターズ/1勝3敗(−21)
5位:ブルズ/0勝4敗(−48)

■ウエスタン・カンファレンス

[グループA]
1位:レイカーズ/4勝0敗(+74)★
2位:サンズ/3勝1敗(+34)★
3位:ジャズ/2勝2敗(−13)
4位:ブレイザーズ/1勝3敗(−39)
5位:グリズリーズ/0勝4敗(−56)

[グループB]
1位:ペリカンズ/3勝1敗(+33)★
2位:ロケッツ/2勝2敗(+10)
3位:マーベリックス/2勝2敗(−8)
4位:ナゲッツ/2勝2敗(−10)
5位:クリッパーズ/1勝3敗(−25)

[グループC]
1位:キングス/4勝0敗(+30)★
2位:ティンバーウルブズ/3勝1敗(0)
3位:ウォリアーズ/2勝2敗(+4)
4位:サンダー/1勝3敗(+24)
5位:スパーズ/0勝4敗(−58)

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】 世界最高峰のリーグ、NBAを妖艶なダンスで魅了するチアリーダーを大特集!

【NBA】八村塁、3ポイント2発含む12得点!レイカーズはインシーズン・トーナメント首位通過で準々決勝進出<DUNKSHOOT>

バックスのリラードがNBA初のカップ戦への想いを語る「賞金が彼らの家族の生活を変えるかもしれない」<DUNKSHOOT>