12月3日、秋のダート王決定戦チャンピオンズカップ(GⅠ、中京・ダート1800m)が行なわれる。

 重賞戦線で実績を持つ馬たちが顔を揃え、それぞれが長短併せ持つ状況だけに、混戦が予想される一戦。そのなかでマークしておきたい有力馬をプロファイリングしてみよう。

 主役級の人気が予想されるレモンポップ(牡5歳/美浦・田中博康厩舎)は、今年のフェブラリーステークスを制したGⅠホース。父は米国のダートGⅠを5勝した名馬レモンドロップキッド(Lemon Drop Kid)。母の父はGⅠを6勝して芝・ダートを問わず活躍し、種牡馬としても成功したジャイアンツコーズウェイ(Giant's Causeway)という良血は、世界に冠たるゴドルフィンの所有馬らしい血統だ。

 これまで13戦の成績は〔9・3・0・1〕と、海外遠征となったドバイゴールデンシャヒーン(GⅠ、メイダン・ダート1200m)の10着以外は、すべて2着以内という安定性もずば抜けたものだ。

 ただし引っ掛かるのは、これらの成績はすべて1600m以下でのもので、1800mという距離は今回が初となる点。田中調教師も距離延長について、「そもそもマイルでも長いと思っていた子なので、正直自信がありますともなかなか言えない状況ではあります」と不安材料であることを認めている。同時に「いつもこちらの想像を超えるパフォーマンスを見せてくれた子なので、その点で期待と不安が半々といったところです」とコメントしている。

 血統的には距離延長をこなして何の不思議もない馬だが、戦歴とトレーナーのコメントをストレートに受け取れば、本馬を主力視するのがリスキーなのは確か。ここは対抗格の評価にとどめたい。
  本稿で馬券的な妙味を含めて主軸として推したいのは、ハギノアレグリアス(牡6歳/栗東・四位洋文厩舎)だ。

 6歳ながらまだ15戦しかキャリアがないのは、3連勝でオープン入りを決めた後、両前肢に屈腱炎を発症し、1年8カ月もの長期休養があったため。昨年6月に戦線復帰を果たしてからはポテンシャルの高さを発揮。みやこステークス(GⅢ)、東海ステークス(GⅡ)を連続2着し、続く交流GⅢ名古屋大賞典で重賞初勝利。その後も、平安ステークス(GⅢ)で2着に入る安定感を見せている。

 初のGⅠ(JpnⅠ)挑戦となった帝王賞は4着止まりだったが、夏の休養を経て臨んだ9月末のシリウスステークス(GⅢ)ではトップハンデ(58.5キロ)を課されながらも、最速の上がり(36秒9)を記録して中団から差し切り勝ちを収めている。

 休養後に、それまで管理していた松田国英調教師から本馬の管理を引き継いだ四位調教師は、「(屈腱炎の)再発が怖かったが、ここまで無事にこられたのは多くの関係者のおかげですが、一番偉いのはこの馬自身だということです」とコメント。続けて、「強い相手にも大崩れしない馬で、安定して走ってくれる。ここは今年の大目標と考えていたレースで、無事にたどり着いただけに、どのような競馬をしてくれるか楽しみ」と期待を持っている。

 年齢的には6歳というベテランの域に達してはいるが、使ったレース数が少ないこともあって、まだ伸びしろはあると筆者は見ている。順調に来ているとはいえ、脚元に古傷を抱えている彼にとっては一戦入魂の大一番。ゆえに本稿ではハギノアレグリアスを主軸として推してみたい。 もう1頭、クローズアップしておきたいのは、デビューから無傷の5連勝で重賞勝ちを収めたセラフィックコール(牡3歳/栗東・寺島良厩舎)である。

 全5戦のなかで辛勝だったのは八王子特別(2勝クラス)のみで、他の4戦はいずれも後続をぶっちぎる圧勝続き。重賞初出走となったみやこステークス(GⅢ)でも、直線11番手かららくらくと差し切って、2着に3馬身の差を付ける驚くべき能力を発揮したように、文字通り「能力の底を見せていない」若駒らしいの魅力が詰まった存在だ。

 問題はゲートの出が遅いことで、それゆえに後方からのレースを余儀なくされる点。GⅠレースでもこのウィークポイントを克服できるかがカギになる。よって、セラフィックコールもレモンポップと同様に対抗格の評価としたい。
  その他で重視したいのは2頭。昨年の本レースで僅差の2着に食い込み、今年の帝王賞でも2着にハナ差の2着に入った実績を持つクラウンプライド(牡4歳/栗東・新谷功一厩舎)。昨年のJBCクラシック(JpnⅠ)の勝ち馬で、川崎記念(JpnⅠ)2着、帝王賞3着とトップクラスで善戦を続けるテーオーケインズ(牡6歳/栗東・高柳大輔厩舎)。この2騎は争覇圏からは外せない。

 穴っぽいところからは、3頭をピックアップする。

 まず前走のみやこステークスでセラフィックコールの2着に入り、中京コースで〔1・1・1・0〕と馬券圏内を外したことがないメイクアリーブ(牡4歳/栗東・大根田裕之厩舎)。次にダート重賞2勝を挙げている実績馬で、今回初めてブリンカーを装着してくるグロリアムンディ(牡5歳/栗東・大久保龍志厩舎)は、クリストフ・ルメール騎手の乗り替わりは大きなプラス。電撃引退を発表したイクイノックス主戦の剛腕なら期待が持てる。

 他には、前走のJBCレディスクラシックで初のGⅠ(JpnⅠ)制覇を達成したアイコンテーラー(牝5歳/栗東・河内洋厩舎)。“マジックマン”こと、世界的名手のジョアン・モレイラ騎手の手綱さばきなら、上位進出も。このあたりが馬券に絡んでくれば、好配当が見込めるだろう。

取材・文●三好達彦

【動画】混戦模様のチャンピオンズCを制すのは? 参考レースで出走馬をチェック
【関連記事】”最強のまま引退”イクイノックスに海外競馬も反応! 豪州の名ジョッキーは最大級の労い「フランケル、フライトラインと並び立つ!」
 
【関連記事】イクイノックスの”電撃引退”に衝撃の声が続々! 早期種牡馬入りに賛否両論「4歳引退は早すぎ!」「陣営の気持ちも分かる」