二刀流スターの“優しい人柄”にファンも大喜びだ。

 現地1月26日、ロサンゼルス・ドジャースのフレディ・フリーマンの妻、チェルシーさんが自身のインスタグラムを更新。ファンから届いた質問に回答するなかで、今オフにドジャースに加入した大谷翔平の優しさがにじみ出るエピソードがあり、ファンの間で話題を呼んでいる。

【PHOTO】10年総額約1015億円でドジャースに移籍!ユニホームを身に纏い入団会見を行った大谷翔平の厳選ショット!

 とあるファンから「チャーリー君はもうショウヘイと会ったの?」と今回質問があったようだ。これにチェルシーさんは、「会ったことはあるわよ! 彼がドジャースと契約してからは会っていないけど。でもフレディによれば、契約後にドジャースタジアムで会ったとき『チャーリー君はどこ?』と尋ねていたらしいわ」とほっこりエピソードを紹介した。
  SNS上で同コメントは小さくない反響を呼んでおり、「こういう細やかな優しさが本当に素敵です」「知れば知るほど、好きになってしまうーー」「最高かよ」「大谷さんに勝てるとこひとつもないわ」などと歓喜の声が寄せられている。

 ロサンゼルス・エンジェルス時代にはチャーリー君と2ショットを撮影したことがある大谷。今度は同僚の愛息として、さらに濃い関係を築いていくに違いない。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「これは酷いですね」大谷翔平が寄贈したグラブのタグが転売...。“非道な行為”に怒りの声相次ぐ「業務上横領罪じゃね?」

【関連記事】「いくら看板選手であっても...」大谷翔平の“被災地支援”を巡り韓国では物議も!日本海の表記に抗議「2000年前から東海だった」

【関連記事】「大谷翔平は大金を惜しまない」約1億4500万円の桁違いな寄付に米驚愕! 能登半島地震の被災地支援に感嘆「彼はヒーローだ!」