現地1月27日、ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平が、ニューヨーク市内のホテルで開かれた全米野球記者協会(BBWAA)ニューヨーク支部主催の晩さん会に出席。流暢な英語でのスピーチが話題となった。

【PHOTO】“歴史的なシーズン”をホームランで締め括る!二刀流で大躍進を遂げた大谷翔平の「2021年」を厳選!

 大谷はニューヨークでの晩さん会に、愛犬デコピンを同伴していた。自身のインスタグラムに、「I don’t know why he looks so sad」(なんで悲しそうなのか、分からない)というメッセージを付け、冴えない表情のデコピンとの2ショットをアップ。すると愛犬の悲哀な表情がクローズアップされた。
 「デコピンも来ていたのか!」
「悲壮感が溢れていてかわいい」
「なぜかたそがれている」
「大谷さん、パパすぎて泣ける」
「寝起きで不機嫌なのかな?」
「デコピン、重たそう。大きくなったね」
「なぜ、悲しそうな顔?」
「翔平パパ、I don’t knowだって」
「パパの偉業を理解していない?」

 MVP受賞時に登場してから、デコピンの人気は急上昇。大谷と同様、愛犬の動向にも大きな注目が集まっている。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「イッペイも誇らしいはず」大谷翔平のイングリッシュ・スピーチ、“マニア”で知られる米アナリストが称賛「本当にクールだ」「素晴らしい」

【関連記事】「発音めちゃくちゃいい」大谷翔平、晩餐会での英語スピーチに称賛止まず! カンペありも「カッコいいので問題なーし!」

【関連記事】「6年間ありがとう」大谷翔平が古巣エンジェルスに”英語”で謝辞「メジャーでプレーする機会を与えてくれたことに感謝」