39歳のベテランから、シンプルな助言が送られている。

 6年間在籍したロサンゼルス・エンジェルスからフリーエージェント(FA)となり、昨年12月にロサンゼルス・ドジャースと10年総額7億ドル(約1015億円)の超大型契約を交わした大谷翔平。4年ぶり8度目の世界一を目指す球団にとって、今オフは過去最高の補強が成功した。

 晴れて常勝軍団の一員となった大谷だが、昨年9月に受けた右肘手術により2024年は打者専念となる。はたしてメジャー7年目はどんなシーズンを送るのか、その興味は尽きない。

 そんな日本の偉才に対して、今回見逃せないアドバイスを送っているのが元ドジャースのジャスティン・ターナー(現トロント・ブルージェイズ)だ。

 現地2月2日、米ニュースサイト『TMZ Sports』は、「ヘイ、ショウヘイ・オオタニ。ドジャースファンを魅了する方法はこれだ!」という刺激的な見出しで記事を配信。パンチ力ある強打者のコメントを紹介した。
  2020年のワールドシリーズ制覇に貢献するなど、14年から9年間ドジャースで活躍したターナーは、昨季ボストン・レッドソックスでプレーし、今オフにブルージェイズへの移籍が決定した。今回は、古巣の一員となった大谷への助言を求められ、「すでに彼はかなり良い仕事をしていると思うよ」と笑顔で答えている。

 さらに、ドジャースファンから信頼を得る具体的な方法について問われた通算187本塁打のベテランは、「ホームランを打つことだ」と短くコメント。こうした回答を踏まえて同サイトは、「オオタニが(ドジャースに)ぴったり馴染むと考えているのは間違いない」と報じ、スーパースターへの厚い信頼を強調していた。

 メジャーの中でも特に高い注目度を集めている大谷。新シーズンも彼の一挙手一投足から目が離せない。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】史上初の快挙多数!厳選写真で振り返る「大谷翔平2023年の軌跡」

【関連記事】大谷翔平の“ライバル”は誰だ!? ナ・リーグMVPの行方を米放送局が早くも分析! 異なるリーグでの2年連続MVPの偉業に注目

【関連記事】「余裕で1000万超えるな!」ケリー夫妻が披露した“大谷ポルシェ”にファン歓喜!粋なナンバーにも注目集まる「カッコイイ車だ」