ロサンゼルス・ドジャース専門メディア『Dodgers Nation』は2月2日、「ショウヘイ・オオタニはドジャースの打線のどこで打つのか? デーブ・ロバーツはどう決断するか」という記事で、大谷翔平の打順に言及したデーブ・ロバーツ監督のコメントを紹介した。

【動画】MLB公式が監修した“大谷翔平のキャリア・ハイライト”をチェック!

「ショウヘイはトミー・ジョン手術を行なったため、DHになる予定だ。1番、2番、3番。まだどこに入れるのか決めていない。私とムーキー(ベッツ)、フレディ(フリーマン)、ショウヘイの4人で話し合うつもりだ」

 ドジャースはこれまで、1番ベッツ、2番フリーマンが不動だった。ここに、ロサンゼルス・エンジェルスでは主に2番を打っていた大谷を、どう組み込むのか。
  ロバーツ監督が重視しているのは、大谷の心境だった。「最も大事なのは、ショウヘイがチームメイトと一緒にいて居心地がいいと感じること。私としては、ショウヘイにチームメイトとうまく調和してもらいたいと思っている」と指揮官は語った。

 はたして大谷の打順は、何番がベストなのか。同メディアは「今季の上位オーダーに、正解も不正解もない」と錚々たる顔ぶれのドジャース打線に太鼓判。そのうえで、「オオタニを1番に置いて、2番ベッツ、3番フリーマンを置けば、ベッツを左打者で挟むことができる」と推測している。

 さらに、別パターンとして、「ベッツを従来の1番にして、2番にオオタニ、3番にフリーマンもありえるシナリオだ。いずれにせよドジャースの上位打者3人は、すべての対戦投手に脅威を与えることになる」と断言。ベッツ、フリーマン、大谷の“MVPトリオ”に大きな期待を寄せた。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「LAファンを魅了する方法は?」24年シーズン“打者専念”の大谷翔平に元ドジャース強打者がアドバイス「ホームランを打つことだ」
【関連記事】大谷翔平の“ライバル”は誰だ!? ナ・リーグMVPの行方を米放送局が早くも分析! 異なるリーグでの2年連続MVPの偉業に注目
 
【関連記事】ベッツ、球団への批判的な声に「優勝のためなら何でもする」と強調! 大谷翔平については「いいヤツ。間違いなく史上最高の一人」