シカゴ・ブルズで2度の3連覇を果たしたマイケル・ジョーダンは“バスケットボールの神様”の異名を取り、NBA史における「史上最高の選手(GOAT)」として推す声も強い。輝かしいキャリアは言うまでもないが、元NBA選手のギルバート・アリナスはジョーダンがキャリア4年目の1987−88シーズンには史上最高の選手になっていたと持論を述べている。

 1984年のドラフト全体3位指名でブルズ入りしたジョーダン。加入初年度からエースの座に就くと、瞬く間にスターダムをのし上がる。1986年4月にはプレーオフでラリー・バード擁するボストン・セルティックス相手に1試合63得点を記録。1986−87シーズンからは7年連続得点王、それもすべて平均30点以上を叩き出し、1991〜93年にはスコッティ・ピッペンとの強力デュオで3連覇を成し遂げた。

 最初の現役引退を経て、1995年3月に電撃復帰。1996〜98年にはピッペン、デニス・ロッドマンとの三銃士で再び3連覇を達成し、ブルズの黄金期を支えた。その後、2001〜03年には2度目の現役復帰を果たしたワシントン・ウィザーズで2年間プレーし、NBAでは通算1072試合に出場して歴代5位の通算3万2292得点をマークしている。
  ジョーダンを語る上では、6回出場したNBAファイナルで全勝(すべてタイトル獲得)したことが評価されるが、元NBA選手のアリナスはロサンゼルス・クリッパーズのポール・ジョージがホスト役を務めるポッドキャスト番組『Podcast P with Paul George』に出演した際、1987−88シーズンのプレーが史上最高の選手の座を確固たるものにしたと主張した。

「それまではジュリアス・アービングやジョージ・ガービンのような選手がいたが、ジョーダンがNBA入りして、ファンが目にしたのはまったく別次元のものだった。動きも、話し方も、ゲームへのアプローチも違った。驚異的で、俺たちが今まで見たなかでベストのものだった。視力検査みたいなものだ」

 ジョーダンはNBA4年目の1987−88シーズン、全82試合に出場して平均40.4分間コートに立ち、35.0点、5.5リバウンド、5.9アシスト、3.2スティール、1.6ブロック、フィールドゴール成功率53.5%をマーク。得点王、スティール王、シーズンMVP、最優秀守備選手賞、オールNBA1stチーム、オールディフェンシブ1stチームのほか、オールスターMVP、ダンクコンテスト2連覇達成を果たし、MVPと最優秀守備選手賞の同時受賞は史上初だった。
 「1987−88シーズン、彼は(ジャンプマンの)ロゴを手にした。世間は彼が1988年に(ジャンプマンの)ロゴを手にしたことに気づいていない。みんなジョーダンのシグネチャーシューズを手に入れたと言っていた。誰も経験したことがない個人として最高の1年だと考えられている。あの時、彼は史上最高の選手になったんだ。

 当時、(優勝)リングは持っていない。リングは(引退した)今使えるものなんだ。まさに彼だけのやり方だった。スタッツを伴った1人での“プレーモード”にステータスで勝つのは難しい。レブロン(ジェームズ/現ロサンゼルス・レイカーズ)はリングを6個獲得できるかもしれないが(現在は4個)、世間はレブロンに同じ評価は与えない。系譜の継承者たちには、一番の称号は与えられない。基本的には誰もが(ジョーダンに次ぐ)2位を争っていることになる」
  アリナスの意見を受け、現役選手のジョージは「彼(ジョーダン)こそがGOATだ」と同調。また、「ジョーダンのファン」だと言うアリナスは、史上最多の優勝11回を誇るレジェンドのビル・ラッセルに関して、リスペクトしつつも「彼はハッスルプレーヤー。チームメイトたちは積極的にパスをしたわけではなく、基本的にはゴール下でリバウンドを取ってのもの。決してオフェンシブな選手じゃない。他の黒人選手で平均30得点以上あげた選手はいるが、彼はブロックやリバウンドで名を馳せた」と、史上最高の選手を巡る議論とはまた別の話だと説いていた。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】引退後もその影響力は絶大!NBAの頂点に君臨するバスケットボールの”神様”マイケル・ジョーダン特集