日本の偉才目当てに凄まじい人だかりだ。

 現地時間2月3日(日本時間4日)、ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平は、本拠地ドジャー・スタジアムでファン感謝イベント「ドジャーフェスト2024」に参加。行く先々で大きな声援を送られてきたスーパースターだが、やはり今回も日米メディアが殺到するなど、異様な光景を作り上げ、現地にいた報道陣からは驚きの声が上がっている。

【PHOTO】WBCのヒーローはメジャー開幕後も全開! 日々輝く大谷翔平が魅せる喜怒哀楽の厳選ショット!(Part2) イベント前の囲み取材にドジャースのユニホーム姿で登場し、大勢の報道陣に囲まれた大谷。現地メディアや記者からは、その人だかりに関するX(旧ツイッター)の投稿が続々と公開されており、なかには、報道陣の数があまりに多いため、大谷の姿が埋もれている画像も…。やはり新天地でもその存在感は圧巻だ。

 米放送局『ESPN』のロサンゼルス版は、「ショウヘイ・オオタニがこのどこかにいる」と文面に綴り、現地で撮影された画像を共有。さらに、米スポーツメディア『Bleacher Report』の野球専門アカウント「B/R Walk-Off」は、「ドジャーフェストでオオタニのメディアスクラムがすごいことになっている」と伝えた。

 また、同メディアのブランド戦略マネージャーを務めるヴィンセント・サンペリオ氏は、「オオタニのスクラムが壮観だ」と反応。地元紙『Los Angeles Times』のビル・シャイキン記者は、同じく人だかりの画像とともに「ショウヘイ・オオタニ。まだシーズン開幕の7週間前だが」と呟き、現地の熱狂ぶりを報じている。

 その後はトークショーを行ない、ファンを大いに盛り上げた大谷。はたして今季はどのような歴史を刻むのだろうか。

構成●THE DIGEST編集部

【画像】「ショウヘイはどこにいる?」報道陣が大谷翔平を囲む実際の場面
【関連記事】「LAファンを魅了する方法は?」24年シーズン“打者専念”の大谷翔平に元ドジャース強打者がアドバイス「ホームランを打つことだ」
【関連記事】「大谷翔平が打撃に集中すれば、とんでもない数字を残せる!」元エンジェルス同僚の発言受けてド軍メディアも期待「23年より好成績となると…」