現地時間2月5日(日本時間6日、日付は以下同)、ロサンゼルス・レイカーズは敵地スペクトラム・センターでシャーロット・ホーネッツと対戦した。

 レイカーズのスターターはディアンジェロ・ラッセル、オースティン・リーブス、八村塁、レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビスの5人。八村は今季9回目、2戦連続で先発に名を連ねた。

 試合開始から3分で4−11とホーネッツに先行を許したレイカーズだったが、ラッセル、レブロン、デイビスを中心に逆転に成功。37−29と8点リードで迎えた第2クォーターもラッセルの連続3ポイントやレブロンのダンク、さらにここまで得点がなかった八村も残り7分16秒にトップ付近から3ポイントを決める。

 完全にゲームの主導権を握ったレイカーズはラッセル、レブロン、デイビスの3人で51得点を稼ぎ出し、74−58と2桁リードで前半を終えた。
  第3クォーター序盤、八村はゴール下で2連続得点、残り5分半には速攻でリーブスのアシストからアリウープを叩き込む。一時20点差をつけたレイカーズはデイビスが第3クォーターまでにトリプルダブルを達成するも、終盤にホーネッツを食らい100−86で最終クォーターへ。

 第4クォーター、粘るホーネッツはマイルズ・ブリッジズとルーキーのブランドン・ミラーが次々と得点を重ね、残り2分に4点差まで詰め寄る。それでもレイカーズはデイビスのダンクにレブロンの3ポイントプレー、120−116で迎えた残り33秒にはデイビスがブリッジズの3ポイントをブロックし、124−118で逃げ切った。

 レイカーズはラッセルが28得点、6アシスト、デイビスが26得点、15リバウンド、11アシスト、3ブロックでキャリア3度目のトリプルダブル、レブロンが26得点、7アシスト、リーブスが9得点、11アシスト、ベンチからクリスチャン・ウッドが11得点、6リバウンド、トーリアン・プリンスが9得点をマーク。

 八村は29分間の出場で9得点、5リバウンド、1スティール、フィールドゴール成功率66.7%(4/6)、3ポイント成功率33.3(1/3)を記録。シュート試投数は少なかったが、高確率でショットを沈め、出場時の得失点差+6はデイビス(+16)、リーブス(+15)に次ぐチーム3位の数字だった。

 12月以来の3連勝で今季成績を27勝25敗としたレイカーズの次戦は2月8日、昨季のカンファレンス・ファイナルでスウィープ負けを喫した王者デンバー・ナゲッツとホームで対戦する。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】レブロン、アンソニー・デイビスらとチームメイト!レイカーズで躍動する八村塁を特集!