ロサンゼルス・ドジャースにもう一人、大物が加わった。

 ドジャースはムーキー・ベッツ、フレディ・フリーマンといったMVP受賞経験のある選手を複数抱えるなか、今オフ、大谷翔平が10年総額7億ドル(約1015億円)というメジャー史上最高額で加入。さらに山本由伸、タイラー・グラスノー、テオスカー・ヘルナンデスと大物タレントを続々と獲得し、現地2月6日には、同球団からフリーエージェント(FA)になっていた通算210勝の先発左腕クレイトン・カーショウと1年契約で再契約をしたのだ。

【PHOTO】10年総額約1015億円でドジャースに移籍!ユニホームを身に纏い入団会見を行った大谷翔平の厳選ショット!

 サイ・ヤング賞に3度輝く35歳ベテランの残留が決まり、4年ぶりの世界一を目指すチームの準備は整った。米最大のスポーツ専門放送局『ESPN』に寄稿するサラ・ラングス記者は、「ドジャースは、ベッツ、フリーマン、カーショウ、大谷が加わり、1シーズンに4人以上の元MVPプレーヤーを擁する6番目のチームだ」と情報を提示したうえで、「1978年レッズ、1982年エンジェルス、1996年レッドソックス、2021年ドジャース、2022年ドジャース」と詳細を記載。
 “最強カルテット”の結成にSNS上のファンは「激アツすぎる」「嬉しすぎます」「豪華すぎてゲームの世界みたい」「ドジャース本気すぎる…」「最後のピースが埋まった」「ついに念願のサイン!」などと歓喜の声を書き込んでいる。

 かねてより“勝利”に対する執念を見せている大谷。彼が思い描いていたような夢のチームが間もなく見られそうだ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「大谷くんの邪魔するな!」大谷翔平が一部の報道を否定! “異例の注意喚起”にファンも怒り「報道の自由とはいえ、やり過ぎ」

【関連記事】「これは酷いですね」大谷翔平が寄贈したグラブのタグが転売...。“非道な行為”に怒りの声相次ぐ「業務上横領罪じゃね?」

【関連記事】「いくら看板選手であっても...」大谷翔平の“被災地支援”を巡り韓国では物議も!日本海の表記に抗議「2000年前から東海だった」