冬の風物詩「さっぽろ雪まつり」に登場した大谷翔平とデコピンの雪像を、MLB公式が取り上げた。記事を執筆したブライアン・マーフィー記者は、「現在、最も象徴的なデュオは誰? サッカー選手と世界的に有名なポップスターではない。大谷翔平と彼の愛犬デコピンだ」と勢いよく書き綴った。

【画像】大谷翔平とデコピンの雪像をチェック!

「このコンビは、すでにベースボールのトレーディングカードになっているし、デコイ(デコピン)はパスポートのような物も取得している。オオタニならぬ“スノータニ”。ロサンゼルス・ドジャースの新加入選手とワンちゃんは、雪のなかで不滅の存在となった」
  2月4日から11日にかけて開催されている「さっぽろ雪まつり」。マーフィー記者は、「大谷の雪像はフェスティバルの常連だ。彼が題材になったのは、北海道日本ハムファイターズでルーキーシーズンを終えた2013年から。昨冬にはロサンゼルス・エンジェルスのヘルメットをかぶる姿で展示された。デコイは初めての登場だ」と記した。

「今年の雪像にはドジャースのロゴはない。しかし二度のMVPを受賞した選手の隣に、球界で最も価値のある子犬を配置するのは、間違いのない選択だ」と、マーフィー記者は大谷とデコピンの雪像を称えた。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「なんて日だ」「35000人のファンが…」日系米国人のドジャース実況MCがドジャー・フェストの熱狂に驚嘆!

 
【関連記事】「何が起きても不思議ではない」エンジェルスを巡る“売却騒動”米国で話題に「オーナーは秘密裏に進めている」「そんな話は聞いたことがない」
 
【関連記事】「7億ドル貰おうが関係ないよ!」大谷翔平に同僚ロハスが忠告!新人の“通過儀礼”に二刀流も強制参加「ルールはルールだからね」