キャンプ初日から報道陣が殺到だ。
 
 現地2月9日(日本時間10日)、ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平が米アリゾナ州グレンデールの球団施設でスプリングトレーニング初日を迎え、練習前の囲み取材に日米メディアが集結。現地3日のファン感謝祭「ドジャー・フェスト」も異様な盛り上がりだったが、ふたたびメディアの熱狂ぶりが伝えられ、SNS上では現地記者たちの反応が相次いでいる。
【PHOTO】ドジャース移籍後初めてファンの前に登場!ファンフェスタで笑顔を見せた大谷翔平を特集!

 なかでも地元紙『Los Angeles Times』のコラムニスト、ディラン・ヘルナンデス記者は、自身のX(旧ツイッター)で「日本メディアの多くが午前7時にここへ到着したそうだ」と情報を共有。その後も「オオタニの発言を待つメディア」と文面に綴り、多くの報道陣が詰めかけている取材エリアの写真を掲載した。
  また、この他にも、同紙のジャック・ハリス記者が「新しいDHに黒山の人だかりだ」と反応すると、米メディア『USA TODAY』のボブ・ナイチンゲール記者は、「ショウヘイ・オオタニのドジャース移籍後初となるスプリングトレーニングの会見を待つ報道陣たち」と現地の画像を投稿。やはり新天地でもその注目度は凄まじい。
 
 今オフにロサンゼルス・エンジェルスからフリーエージェント(FA)となり、昨年12月にドジャースと北米プロスポーツ史上最高額の10年総額7億ドル(約1015億円)で契約を交わした大谷。右肘手術の影響により今季は二刀流パフォーマンスを封印し、打者専念のシーズンとなる。なお、投手復帰は2025年の見通しだ。
 
 はたして今季はどのような活躍が見られるのだろうか。大谷のパフォーマンスが今から楽しみでならない。
 
構成●THE DIGEST編集部
 
【関連記事】「大谷くんの邪魔するな!」大谷翔平が一部の報道を否定! “異例の注意喚起”にファンも怒り「報道の自由とはいえ、やり過ぎ」

【関連記事】「これは酷いですね」大谷翔平が寄贈したグラブのタグが転売...。“非道な行為”に怒りの声相次ぐ「業務上横領罪じゃね?」

【PHOTO】10年総額約1015億円でドジャースに移籍!ユニホームを身に纏い入団会見を行った大谷翔平の厳選ショット!