苦しみ抜いた末に掴んだ3大会連続切符だ。

 現地2月11日、ハンガリーのショプロンで開催された「FIBA女子オリンピック世界最終予選(WOQT)」の第3戦で、世界ランキング9位の日本は同5位のカナダと対戦。勝てば3大会連続の五輪出場が決まる大一番を86−82でモノにした。
【動画】アカツキジャパンのパリ五輪行きが決定! 運命のカナダ戦のハイライト映像をチェック!

 初戦で強豪スペイン(同4位)を撃破したものの、続く第2戦で地元の大声援を受けるハンガリー(同19位)にまさかの黒星。グループの4チームがすべて1勝1敗で並び、迎えた最終戦だった。カナダに負ければ第2試合のスペインvsハンガリー戦でハンガリーが勝たなければ敗退が決まっていただけに、まさに綱渡りのパリ行き確定。タイムアップの瞬間は選手やスタッフがコートになだれ込み、歓喜を爆発させた。
  そんな“アカツキジャパン”の戦いを興味深くレポートしたのが韓国の専門メディア『ジャンプボール』だ。「日本は東京五輪銀メダルの誇りをみせつけた。最後の強豪カナダとの一戦に競り勝ち、パリ五輪出場を決めたのだ」と銘打ち、「まさに死の組と呼ぶに相応しい状況下。見事に勝ち抜いて、東京五輪で世界を驚かせた勝負強さをあらためて証明した。FIBA(国際バスケットボール連盟)も『今大会の日本は浮き沈みがあったが、ハンガリー戦の衝撃的な敗戦によるプレッシャーを跳ねのけて出場権を勝ち取った』と称えている」と伝えた。

 昨夏のワールドカップでは男子代表がパリ行きを決めた。日本バスケットボール代表が男女揃って予選を突破し五輪本大会にエントリーするのは、1976年のモントリオール大会以来、実に48年ぶりの快挙となる。

構成●THE DIGEST編集部

【画像】日本史上初の銀メダル!快進撃を演じたバスケットボール女子日本代表ベストショット!

【記事】「東京五輪銀メダリストを破ったぞ!」”格上”を撃破したハンガリー女子代表に母国メディアが熱狂! 一方でFIBA公式は日本に「スタッツは嘘をつかない」と手厳しい指摘
【記事】「よっしゃああああ!!」女子バスケ日本代表が3大会連続の五輪確定! 強豪カナダを撃破し、自力で掴んだパリ切符に深夜の日本列島歓喜!
【画像】 世界最高峰のリーグ、NBAを妖艶なダンスで魅了するチアリーダーを大特集!