現地時間2月14日、バレーボールのイタリアリーグ/スーペルレーガで2023-24シーズン後半8節が行なわれ、男子日本代表の石川祐希が所属するアリアンツ・ミラノと同代表の高橋藍が今季に加入したミント ヴェロ バレー・モンツァが対戦した。試合は、モンツァがセットカウント3‐1(25-21、25-23、20-25、25-16)でアウェー戦に勝利して、今季のロンバルディアダービーは1勝1敗のドローで決着した。

【PHOTO】16年ぶりの自力出場を決めた“龍神NIPPON”!笑顔の選手たちを厳選ショットで特集!

 イタリア北部のロンバルディア州に本拠地を置く6位ミラノと7位モンツァが激突したダービーは順位争いと同時に、日本はもちろん現地でも人気絶大な日本代表の石川と高橋が揃う一戦。ミラノがアウェーでストレート勝利を収めたシーズン前半12月の対戦を石川が腰痛により欠場したことで、今回はアタックを打ち合う両選手の激突を期待する声が高まった。しかし、高橋が現地1月24日に行なわれた後半5節のヴェローナ戦で左足首を負傷して復帰途中のため守備での途中出場に留まり、レギュラーシーズンでの本格的な直接対決は実現しなかった。

 ミラノは、左膝半月板損傷による術後で回復を待つミドルブロッカー(MB)の主将マッテオ・ピアノ(イタリア)に加え、アウトサイドヒッター(OH)のマテイ・カジースキ(ブルガリア)が筋肉系の故障により離脱中。厳しい状況に直面するチームは、直近の7節で10位パドヴァに想定外の黒星を喫して5位から6位へ後退したばかりだ。
  入れ替わって5位につけたのがモンツァ。今季は、ミラノが3年連続で決勝の舞台を逃したコッパイタリアでクラブ初の4強入りを果たすとその勢いのまま準優勝を飾り、欧州大会CEVチャレンジカップでも決勝へ駒を進めるなど、好調を維持している。セッターを務める通称カショパことフェルナンド・ジル クレリン(ブラジル)を要に、OHスティーブン・マーとオポジット(OP)アーサー・シュワーツに加えて、OHエリック・レプキーが高橋の不在を埋める活躍を続けるなど、カナダ代表トリオが高い攻撃力でチームをけん引。また、ミラノのMBアグスティン・ロセル(アルゼンチン)が首位に座るブロックランキングでは、20位以内にイタリアMBコンビのマルコ・ガッジーニとガブリエレ・ディ マルティーノ、シュワーツの3選手がランクインしている。

 石川は3試合連続でキャプテンを任され、司令塔パオロ・ポッロ(イタリア)、OHオスニエル・メルガレホ(キューバ)、MBのロセルとマルコ・ヴィテッリ(イタリア)、オポジット(OP)フェレ・レゲルス(ベルギー)とともに先発出場。プレーオフで昨年の4強入りを上回りクラブ史を更新するためにも勝点を積み上げたいところだったが、苦戦が待ち受けていた。
  第1セットでミラノは、サーブで攻め込んだ石川が自らバックアタックを決めて序盤にリードを奪う。だが、レセプションの不安定さから度々ブレークを許して劣勢に。中盤、ポッロのエースなどで巻き返して幾度となく同点に迫りながら、モンツァの決定力に押し戻されて一歩抜け出せない。終盤まで僅差で粘るも、マーの強打とブロックに突き放され試合を先行された。

 第2セット、サーブの確率が上がらないミラノに対して、細かくブレークを繰り返したモンツァが序盤をリードする。石川のバックアタックが2連続で決まり反撃に転じたミラノは、中盤から接戦を繰り広げるが、相手のエースの後に誤打が続き失速。2セットを失い窮地に追い込まれた。

 第3セットでは、ポッロと石川のサーブで序盤にブレークを重ねて、サーブ確率が急降下した相手を圧倒しセットを奪取した。しかし、第4セットでは、序盤から再びレセプションに苦しみ、攻撃でもアタックミスが頻発。5点のビハインドを負って迎えた中盤には、レプキーに3連続エースを決められるなど、主導権を譲らなかったモンツァに勝点3を献上して試合を終えた。

 ミラノは前節からさらに順位を1つ下げて7位へ後退。勝点で並び勝利数が1つ上回ったモンツァが6位に浮上した。
  石川はチーム最多の14得点(アタック13、ブロック1)を記録。国際バレーボール連盟の配信サービス『Volleyball TV』で解説を務めた元イタリア代表のジョルジョ・ゴルドーニ氏が、5得点を挙げた背番号14のバックアタックに、「ビューティフル!」「フライング・ユウキ」「感動レベルの完璧打」と脱帽するも、ミラノは主力2人の不在が影を落とす形でモンツァの勢いに屈して連敗を喫した。高橋はミッドウィークに控える欧州戦での復帰に向け、第2セットを除く各セットの終盤に守備限定でコートに立った。

 ミラノの次戦は9節(日本時間2月19日午前3時開始予定)。5連勝中の5位ラーナ・ヴェローナをホームで迎え撃つ。一方、モンツァが臨むのは、ミラノが石川の加入年2020-2021シーズンに制覇した欧州CEVチャレンジカップの決勝1stレグ(同22日午前1時30分開始予定)。ポーランドリーグ3位のプロジェクト・ワルシャワとのアウェー戦に挑む。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「嘘でしょ...」高橋藍が伊リーグ戦で左足首を負傷。自力で立ち上がれない日本の若きエースに心配の声が殺到「ただただ心配」【男子バレー】

【PHOTO】甘いマスクと攻守に躍動する姿に日本中が熱狂!“龍神NIPPON”で活躍する高橋藍のキャリアを厳選ショットで紹介!

【PHOTO】しなやかに舞う! 日本男子バレーが誇る”エース”石川祐希の厳選メモリアルフォトを一挙公開!