実業団チームによる国内最高峰の団体戦「第38回テニス日本リーグ」の決勝トーナメントが、東京体育館(渋谷区)で2月16日から18日にかけて開催。最終日には男女決勝および3位決定戦が行なわれ、女子決勝は橋本総業ホールディングスが島津製作所を下し、2年ぶり4回目の優勝を飾った。

 橋本総業HDの鮮やかな逆転勝ちだった。島津製作所とは2年連続の決勝で、昨年は1勝2敗で敗れている橋本総業HD。今年も最初に行なわれたシングルスNo.2で岡村恭香が加治遥に先行を許すが、その試合内容が逆転への布石となる。

 第1セットは昨年の全日本女王である加治がコートを広く使って岡村を振り回し、6-2で先取。ペースは完全に加治にあったが、岡村は「少しでもいい流れに持っていけるように、絶対諦めたり落ち込んだりという姿だけは見せずに、最後までファイトしよう」との思いで食らいつく。

 積極的にコートの中に入って攻撃し、第2セットを6-1で奪い返した岡村は、マッチタイブレークでも4本のマッチポイントを握り、勝利まであと一歩まで迫る。結局勝ち切ることはできず、加治に13-15でかわされたが、「岡村さんの闘志あふれるプレーが坂詰さんに移った」と吉田友佳総監督が言うように、これで橋本総業HDの選手たちは勇気を得た。

 続くエース対決は2年連続同じカードで、昨年悔しい思いをした坂詰姫野がランキングでは格上の本玉真唯を相手に奮起。先手を取ってコーナーに強打を打ち分け、ネットも絡めて攻撃の形を作る。本玉が振ってきても見事なコートカバーでカウンターを見舞うなど、攻守に隙のないプレーを見せた。

「去年と同じ状況で(負けが)よぎることもあったが、やるべきことをやるだけだと思って、しっかり次につなげることを目標に最後までプレーした」と坂詰。この“つなぐ思い”は岡村から引き継いだものだろう。重圧のかかる状況で思い切りよくプレーした坂詰が、6-3、6-2で本玉を圧倒し、最後のダブルスにつないだ。
  橋本総業HDの小堀桃子/森崎可南子は出だしから苦戦した。桑田寛子/永田杏里の島津ペアに一方的に攻められ、橋本ペアは反応もコンビネーションも悪く、第1セットを1-6で簡単にダウン。しかしセット間のトイレットブレークで戦術を立て直したと森崎は明かす。

「小堀さんが全部指示してくれた。もっと動きを見せようと、ポジションチェンジやIフォーメーションを入れ、サービスのコースもバラバラにした」と森崎。「頭が切れてました」と笑う小堀のアイデアが見事にはまり、第2セットを6-4で奪い返すと、マッチタイブレークでも3-7の窮地から怒涛の挽回を見せ、10-8でペアの勝利と共にチームの優勝を決めた。

「皆が今までの負けをヒントにして、最終日に全てつながった」と吉田総監督。加えて、今季からAチームに当たる橋本総業HDと、Bチームに当たる橋本総業に分かれて参戦したことも勝因の1つに挙げる。「大人数すぎるとチームは難しい。2チームになってそれぞれまとまりが出た。皆が試合をする機会があるし、やることが明確になった」

 去年とは大きく変貌し、チームらしさが増した橋本総業HDの優勝だった。

◆女子決勝結果
橋本総業ホールディングス[2−1]島津製作所
S1 〇坂詰姫野 6-3 6-2 本玉真唯●
S2 ●岡村恭香 2-6 6-1 13-15 加治遥〇
D 〇小堀桃子/森崎可南子 1-6 6-4 10-8 桑田寛子/永田杏里●

◆女子3位決定戦結果
橋本総業[3−0]リコー
S1 〇瀬間詠里花 6-2 6-3 板谷里音●
S2 〇小林ほの香 6-1 6-2 金井綾香●
D 〇大前綾希子/奥脇莉音 7-6(3) 6-4 高橋玲奈/谷井涼香●

◆女子最終順位
優勝 橋本総業ホールディングス
準優勝 島津製作所
3位 橋本総業
4位 リコー
5位 ノアインドアステージ
6位 フクシマガリレイ

取材・文●渡辺隆康(スマッシュ編集部)

【PHOTO】第38回テニス日本リーグ女子スナップ集|橋本総業ホールディングスが島津製作所の連覇を阻み2年ぶり4度目の優勝

【PHOTO】第38回テニス日本リーグ男子スナップ集|三菱電機がイカイの3連覇を阻止し5年ぶりの優勝!

【関連記事】テニス日本リーグ男子は三菱電機が5年ぶりの優勝! エース清水悠太は「これが団体戦という試合ができた」<SMASH>