現地時間2月25日(日本時間26日、日付は以下同)、ロサンゼルス・レイカーズは敵地フットプリント・センターでフェニックス・サンズと対戦。113−123で敗れ、今季成績をウエスタン・カンファレンス9位の31勝28敗(勝率52.5%)とした。

 両軍の先発は、レイカーズがディアンジェロ・ラッセル、オースティン・リーブス、八村塁、レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビスという、今季6勝0敗の無敵のスターティングラインナップ。対するサンズはビッグ3の一角ブラッドリー・ビールが左ハムストリングの故障で欠場し、デビン・ブッカー、グレイソン・アレン、ロイス・オニール、ケビン・デュラント、ユスフ・ヌルキッチの布陣でゲームに臨んだ。

 試合は第1クォーターからサンズの高火力オフェンスが爆発。ブッカーやヌルキッチ、ベンチ出場のボル・ボルらを中心に残り5分54秒から20−1の猛攻を仕掛け、38−18と最大20点のリードを奪う。
  しかしレイカーズも黙っていない。第2クォーターはショット好調のラッセルが13得点を奪うなど徐々に差を詰め、63−72と9点ビハインドまで迫って後半へ。第3クォーターはサンズのショットミスやターンオーバーが増えたことも相まって、一時2点差、クォーター終了時には90−95と5点差まで詰めてラスト12分に突入する。

 勝負の第4クォーター、このまま逆転したいレイカーズだったが今度は自分たちにミスが目立ち、開始3分で12点までビハインドが拡大。その後6点差まで迫ったものの、残り1分にブッカーに再び12点差まで拡げられるジャンパーを沈められて勝負あり。両軍とも主力を下げ、ハイスコアゲームに終止符が打たれた。

 9戦連続のスターター起用となった八村は、試合序盤から積極的にショットを試投。第1クォーター残り10分54秒、リーブスのアシストを受け右コーナーから3ポイントを沈めると、残り1分40秒にはトップ・オブ・ザ・キーから左エルボー付近へドライブしプルアップジャンパー、さらには終了間際にもラッセルの好アシストから長距離砲を沈め、いきなり8得点を稼ぎ出した。
  第2クォーターは残り7分46秒からコートイン。残り5分19秒、レブロンとのツーメンゲームから絶妙なアシストを受けてレイアップを決め、ヌルキッチのファウルも誘発してバスケットカウントに成功。フリースローも沈めて、前半だけで2桁の11得点をマークした。

 第3クォーターは無得点。残り8分にレブロンのパスを受け損なった直後には、“師匠”からアドバイスを受ける場面も見られた。
  第4クォーターは残り7分12秒からコートへ。残り2分49秒には相手のディフェンスミスの隙を突き、レブロンのアシストからレイアップを沈めた。

 最終的なスタッツは、26分6秒のプレータイムで13得点(フィールドゴール5/9、3ポイント2/2、フリースロー1/1)、4リバウンド、2ファウル。ショットブロックを浴びる場面も多かったものの、高確率でショットを沈めて2試合連続となる2桁得点をマークした。

 レイカーズの次戦は中2日空いて28日、クリプトドットコム・アリーナでロサンゼルス・クリッパーズとのゲームが組まれている。2戦続けて豊富なタレントを擁するスター軍団との対戦というタフなスケジュールのなか、同じLAに本拠地を置くクロスタウン・ライバル相手に勝利を収めることができるか注目だ。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】レブロン、八村塁らが所属するレイカーズの試合を華やかに彩る“レイカーガールズ”を特集!