ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平が現地2月27日(日本時間28日)のカクタスリーグ(オープン戦)、シカゴ・ホワイトソックス戦に2番・指名打者で先発出場。ドジャースでの実戦デビューを果たし、5回の第3打席にはレフト越えの2点本塁打を放った。

【動画】逆方向へデビュー弾!大谷翔平がレフト越えの2点本塁打を放つ
  2打席凡退で迎えた5回の第3打席、2死一塁で打席に入った大谷は、5番手のドミニク・レオンと対峙。フルカウントからの6球目のストレートを強振すると、高々と舞い上がった打球はやや詰まったものの、レフトスタンドへ入る2ランホームラン。大谷のド軍デビュー戦ホームランに観客も総立ちで喝采を送った。

 この衝撃の新天地デビューに、エンジェルス時代から大谷をこよなく愛してきた『FOX SPORTS』のMLBアナリスト、ベン・バーランダー氏も即座に反応。最初の投稿で、大谷のホームラン動画とともに、「ショウヘイ・オオタニが最初のゲームでホームラン!」と綴れば、続いての投稿では「嘘はつかないよ。大谷翔平はドジャーブルーを着るために生まれてきたような気がする」と思い入れたっぷりに綴り、やはりホームラン時の画像を添えた。

 昨年は大谷の少年時代からの足跡を訪ねるなど、二刀流スターにまつわる精力的な取材活動を行なってきたが、そのバーランダー氏にとっても感慨深い一発となったようだ。

構成●THE DIGEST編集部

【動画】大谷翔平がみせた「ドジャース第1号」→「ダッシュで帰宅」の珍光景をチェック!
【記事】「すげぇーー!!」大谷翔平が実戦デビューでいきなり叩き込んだ“ドジャース第1号”に米ファン衝撃!「なんてヤツだ!」「やっぱりGOAT」