大谷翔平のおよそ11分間に及ぶ独白は、日米間で特大の反響を呼んだ。

 現地3月25日、大谷はロサンゼルス・ドジャースのクラブハウスで、いわゆる“違法賭博スキャンダル”について初めて声明を発表した。元通訳である水原一平氏を巡る疑惑が一大騒動となっている事実を受けて、メモを参照しながら真相をこと細かに説明。「信頼していた方だったので悲しくてショック」「彼(水原氏)はみんなに嘘をついていた」「僕自身は賭けていないし送金もしていない」「彼が僕の口座から金を盗んだ」「ホテルで(水原氏と)ふたりで話して嘘をついているなと気づいた」など、興味深いコメントを繰り返した。
【PHOTO】大谷翔平の妻、田中真美子が輝いた“現役バスケ選手時代”を厳選フォトで一挙紹介! 貴重なショートカット時代も

 ファンやメディアの間でさまざまな意見や論調が繰り広げられるなか、ドジャースのデイブ・ロバーツ監督は「ショウヘイな正直に話した」と高く評価し、通訳の水原氏が去ったことで「緩衝材がなくなった」と独特の言い回しで表現。そのうえで「ショウヘイと直接コミュニケーションを取りやすくなった。ここ2、3日、彼はチームメイトたちとも積極的に接しているよ」とポジティブに捉え、「良い面ばかりだ。ショウヘイがどれだけ英語を知っているかに、みんな驚くと思う」と話して笑みを浮かべた。

 ロバーツ監督の談話に呼応したのが、ドジャース専門メディア『DODGERS NATION』のJP・ホーンストラ記者だ。「エンゼルス時代にジョー・マドン監督は毎日のようにミズハラのことを褒めていた。選手(大谷)の最新情報は本人からではなく、通訳を介してテキストメッセージで随時受け取っていたほどだ」というエピソードを紹介し、「本来の選手と通訳の関係性を超えていた」と論じる。

 そして同記者は「オオタニとミズハラの決別はドジャースにプラスの効果をもたらすかもしれない」と言及。「新たな通訳となったウィル・アイアトンとオオタニの関係性は、球場にのみ限定されるだろうか。それが現実的で、ミズハラとの関係性とはまったく対照的だ」と記し、アイアトン氏はドジャースでデータ分析を担う重要なスタッフである点を強調した。
  さらに記事内でホーンストラ記者は踏み込む。「ミズハラとの別れによって、オオタニは自分の人生のさまざまな側面を見直さざるを得なくなった。そして同時に今回の決別は、クラブハウスにいる人びととオオタニの距離をきっと縮めるに違いない」と断言。最後は「オオタニが球場でもっと積極的に振る舞えば、今後の10年間は過去の6年よりもっと楽しめるはずだ」と期待を寄せた。

 現地木曜日からは、MLB公式戦が再開される。セントルイス・カーディナルスとの4連戦だ。直近は13打席連続ノーヒットと快音が聞こえてこない大谷だが、仕切り直しのシリーズでのハイパフォーマンスに注目が集まる。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「英訳がすごく適切で的確」大谷翔平を支える“新通訳”の実力を米出身・早大特命教授が絶賛!「気持ちがこもっていた」「好感を持ちましたね」

【関連記事】「すげぇ裏切りじゃないか!」「完全無罪」大谷翔平が違法賭博騒動への初声明で“12分間激白”にネットは議論百出!「米メディアは納得する?」

【画像】大谷翔平&真美子夫妻の“仲睦まじいツーショット”写真を厳選してお届け!