チームを支えた3年生卒業後、1・2年生だけで臨む全国の舞台、それが毎年3月末に開催される「全国選抜中学校テニス大会」(3月29日・30日/香川県高松市)である。

 今年で12回目を迎えた本大会に出場するのは男女各32校。試合(1セットマッチ)は、シングルス1試合・ダブルス2試合の団体戦で2勝すれば勝ち上がり。試合はダブルス2、シングルス1・ダブルス1の順で実施される。

 大会初日となる3月29日は1〜2回戦を実施。男子は昨年の優勝校である橘学苑が連覇に向けてまずますのスタートを切った。北川真司監督欠場のためチームの指揮を執るのは元プロテニス選手で全日本選手権で最年少(17歳9カ月)優勝した経験を持つ谷澤英彦氏。

 橘学苑が昨年優勝した時もチームを率いた谷澤氏は、昨年のチームとの違いについて「より個々に自覚が出てきました。以前ですと(コートサイドの)ベンチに座っていても、あれこれと細かく指示を出していましたが、今年は簡単なことしか選手に伝えなくても、各々が自主的に判断して戦ってくれています」と成長を語る。

 橘学苑は計算できるシングルスのエース林優成を軸に、1回戦で北島を3−0のストレートで、2回戦は清教学園も2-1で勝利して準々決勝に駒を進めた。連覇に向けて必要なことは「先を見ず、目の前の試合に集中することです。これからは『全部が決勝戦』だと思って戦うくらいの気持ちが必要でしょう」と気を引き締める。

 なお、第1シードで昨年大会準優勝の聖徳学園は、1・2回戦ともに3−0で勝ち上がり危なげなく準々決勝進出。ほかにも高松北、浪速、甲南らシード勢がベスト8入りを果たしたが、成蹊は2回戦で四日市市立大池に、四日市市立常磐は1回戦で奈良学園に敗れた。

 大会最終日の30日は男女各準々決勝からスタートする。果たして全国の頂点に立つのはどこの中学校か。優勝すれば中学生チャンピオンとして新学期を迎えることになる。
 【大会1日目結果・3月29日】
◆男子1回戦
聖徳学園中(東京)① 3-0 名古屋中(愛知)
奈良学園登美ヶ丘中(奈良) 3-0 郡山市立郡山第五中(福島)
茗溪学園中(茨城) 2-1 四日市市立山手中(三重) 
甲南中(兵庫)⑤〜⑧ 2-1  札幌市立向陵中(北海道)
香川県立高松北中(香川)③〜④ 3-0 鯖江市東陽中(福井)
越谷市立千間台中(埼玉) 2-1 豊見城市立伊良波中(沖縄)
四日市市立大池中(三重) 2-1  開星中(島根)
成蹊中(東京)⑤〜⑧  2-1 和歌山県立桐蔭中(和歌山)
慶應義塾湘南藤沢中等部(神奈川)⑤〜⑧ 2-1 高松市立桜町中(香川)
菰野町立菰野中(三重) 2-1 岩手中(岩手)
練馬区立石神井東中(東京) 2-1 舟橋村立舟橋中(富山) 
浪速中(大阪)③〜④ 3-0  西南学院中(福岡)
奈良学園中(奈良) 2-1 四日市市立常磐中(三重)⑤〜⑧ 
岡山大学教育学部附属中(岡山) 2-1 早稲田実業学校中等部(東京) 
清教学園中(大阪) 3-0 市立札幌開成中等教育学校(北海道) 
橘学苑中(神奈川)② 3-0  北島町立北島中(徳島)

◆男子2回戦
聖徳学園中(東京)① 3-0  奈良学園登美ヶ丘中(奈良)
甲南中(兵庫)⑤〜⑧ 2-1 茗溪学園中(茨城)
香川県立高松北中(香川)③〜④ 2-1  越谷市立千間台中(埼玉)
四日市市立大池中(三重) 2-1  成蹊中(東京)⑤〜⑧
慶應義塾湘南藤沢中等部(神奈川)⑤〜⑧ 3-0 菰野町立菰野中(三重)
浪速中(大阪)③〜④ 3-0 練馬区立石神井東中(東京)
岡山大学教育学部附属中(岡山) 2-1 奈良学園中(奈良)
橘学苑中(神奈川)② 2-1 清教学園中(大阪)

※丸数字はシード

現地取材・文・写真●小松崎弘(スマッシュ編集部)

【PHOTO】第12回全国選抜中学校テニス大会フォトギャラリー

【PHOTO】錦織、伊達も!日本人トッププロたちの“懐かしジュニア時代”の秘蔵写真をお届け!

【関連記事】伊達公子/高校を選ぶ時に大事なこと。卒業後のプロか大学かは成熟度が目安