今シーズン開幕前にオープン戦で肋骨を骨折し、負傷者リスト入りスタートのカージナルスのラーズ・ヌートバーが、現地4月12日(日本時間13日)、敵地チェイス・フィールドで行なわれたダイヤモンドバックスとの初戦に「6番・左翼」で出場。3回表の第2打席で今シーズン第1号となる2ランホームランを放ち、チームの勝利にも貢献した。
【動画】ヌートバー復帰後初の第1号“豪快アーチ”をチェック!

 この日、復帰戦となったヌートバーは「6番・左翼」でスタメン出場。初回の第1打席はレフトフライだったが、3回表の第2打席に右中間に豪快な1号2ラン放ち、スタンドから大歓声が送られた。4打数1安打2打点1四球の活躍で上々の滑り出しをみせた。
  ヌートバーの復帰後、初アーチにSNS上では、「たっちゃんおかえり」「嬉しすぎる」「大谷と同じ日にアベックアーチ!」「いきなり打つんか」「おれたちのタツジ」「すげぇ飛んでる」「救世主が帰ってきた」「初戦から絶好調!」といった日本人ファンからのコメントが寄せられた。

 なお、カーディナルスは9対6でダイヤモンドバックスに勝利。開幕14試合を終えて7勝7敗としている。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】大谷翔平の妻、田中真美子が輝いた“現役バスケ選手時代”を厳選フォトで一挙紹介! 貴重なショートカット時代も
【関連記事】「メンタルの強さを十分に理解した!」大谷翔平、違法賭博疑惑“完全シロ”に関係者安堵!水原一平氏『窃盗』を認める方針
【関連記事】「陰謀論はもう飽きた」米検察が大谷翔平は“被害者”と断定も、なくならない疑いの声に米識者が憤慨!「奇妙で呆然とするばかりだ」