現地4月19日、ロサンゼルス・エンジェルスのマイク・トラウトは、米人気ポッドキャスト番組『Foul Territory』にゲスト出演し、昨シーズンまでチームメイトだったロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平について語った。「彼のような男の代わりはいない。投げることも打つこともできる。彼の代わりは難しい」とあらためて語っている。
【PHOTO】大谷翔平の妻、田中真美子が輝いた“現役バスケ選手時代”を厳選フォトで一挙紹介! 貴重なショートカット時代も

 2009年に契約を結んで以降、エンジェルス一筋を貫き、大谷がメジャー入りした18年から6年間は、ともにチームの顔として活躍。過去3度のMVPを誇り、今季はここまで打率.256、11打点、両リーグトップタイの8本塁打を記録しているが、そんな球界のスーパースターにとっても、やはり日本の偉才は特別な存在のようだ。

 大谷がフリーエージェント(FA)となった昨季終了後には、「もちろん彼を呼び戻せるよう努力した」というトラウト。ドジャース移籍後の関係については、「フリーウェイ・シリーズで何度か会い、話をした」と明かしており、「彼はどこにいてもうまくいくだろう」と新天地でのハイパフォーマンスにも期待を注いでいる。
  その後も「(大谷の打撃練習は)冗談のようだ」と称賛の言葉を並べていたトラウトは、今季の得点圏打率が低い点に関して、「彼なら大丈夫だろう」と楽観視。「野球というのは思い通りにいくこともあれば、そうでないこともある。タフなスポーツだ」と続け、「まだオオタニにとっては、打席数が少ない」と見解を示していた。

 別々の道を歩んでからもリスペクトし合っている大谷とトラウト。今後も二人の活躍に注目だ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「水原一平容疑者はスポーツ界から“永久追放”の可能性も」米敏腕記者が示唆。一方、大谷翔平の“罪”は「友人の趣味が悪かったことと…」

【関連記事】「そういう男なんだよ!」水原一平容疑者の“献身的な仕事ぶり”の秘話が明かされる! 元日ハム助っ人の妻のお出迎えも「イッペイがいなかったら...」

【関連記事】「水原一平は、大谷翔平を引きずり降ろそうと必死で試みた」新事実に米記者も呆れ「元通訳を極悪非道と思わせる記事がいくつもあったが、それも納得がいく」