現地4月21日、ロサンゼルス・ドジャースは本拠地でニューヨーク・メッツと対戦し、10対0の圧勝を飾った。2番・DH(指名打者)で先発出場した大谷翔平に待望の一発が飛び出したのは3回裏の第2打席だ。
【PHOTO】大谷翔平の妻、田中真美子が輝いた“現役バスケ選手時代”を厳選フォトで一挙紹介! 貴重なショートカット時代も

 1死一塁の場面で、相手右腕エイドリアン・ハウザーのスライダーをフルスイング。打球は一直線にライトスタンドへ吸い込まれ、打球速度110マイル(約177キロ)、飛距離423フィート(約128.9メートル)を計測した。8試合ぶりの5号2ランはMLBでの通算176号弾となり、ついに松井秀喜氏を抜いて日本選手単独最多記録を更新したのだ。

 試合後、ドジャース専属カメラマンのジョー・スーフー氏が公式インスタグラムを更新。「ゴジラスマイルだ。オオタニがヒデキ・マツイを超えた」と綴って、スーフー氏だけが撮れる珠玉の一枚を投稿した。ベンチ裏でタブレットを片手にスーフー氏に向かって、渾身の変顔を繰り出す大谷のアップショットである。ドジャース移籍後に何度か披露している、ニンマリと大袈裟な笑顔を浮かべるレアものだ。
  画像をチェックした日米のフォロワーからはさっそく賛辞やツッコミが続出。「ごちそうさまです」「こんな可愛いGODZILLA見た事ない」「まじで可愛いわ!」「またやってるwww」「ちゃめ谷さん」「こんなお顔みられてサイコー」「最高のファニーフェイス!」「今年一番のドヤ顔やね」などなど、コメント欄は活況を呈している。

構成●THE DIGEST編集部

【画像】ド軍専属カメラマンが捉えた! 大谷翔平が176号後にみせた“渾身の変顔”をチェック!

【記事】「がっくり感が半端ない」大谷翔平の歴史的176号、敵キャッチャーが“絶望する瞬間”を捉えた一枚にネット脚光!「打球の行方さえ追ってない」「壁紙にしちゃお」