日本文学振興会は19日夜、第157回芥川賞・直木賞(2017年上半期)受賞作を発表し、芥川賞には沼田真佑氏の「影裏(えいり)」、直木賞には佐藤正午氏の「月の満ち欠け」を選出した。

 
午後8時45分ごろから都内のホテルで受賞記者会見が行われた。長崎県佐世保市在住の佐藤氏は都内にいないため電話での会見となった。

 候補作品には芥川龍之介賞が4作、直木三十五賞が5作がノミネート。午後5時から東京・築地の料亭で選考委員会が開かれていた。

 各賞の候補作品は以下の通り。


【芥川賞候補作品】
・今村夏子(いまむら・なつこ)「星の子」(小説トリッパー 春号)
・温又柔(おん・ゆうじゅう)「真ん中の子どもたち」(すばる 4月号)
・沼田真佑(ぬまた・しんすけ)「影裏(えいり)」(文學界 5月号)
・古川真人(ふるかわ・まこと)「四時過ぎの船」(新潮 6月号)

【直木賞候補作品】
・木下昌輝(きのした・まさき)「敵の名は、宮本武蔵」(KADOKAWA)
・佐藤巖太郎(さとう・がんたろう)「会津執権の栄誉」(文藝春秋)
・佐藤正午(さとう・しょうご)「月の満ち欠け」(岩波書店)
・宮内悠介(みやうち・ゆうすけ)「あとは野となれ大和撫子」(KADOKAWA)
・柚木麻子(ゆずき・あさこ)「BUTTER」(新潮社)

受賞された今の気持ちについて

司会:それでは、直木賞を受賞された佐藤正午さんの電話会見に移りたいと思います。佐藤さん、電話、聞こえてますでしょうか。

佐藤:はい、聞こえてます。

司会:ありがとうございます。それでは、受賞された今のお気持ちをお願いいたします。

佐藤:取っちゃったなっていう感じです。

司会:それだけですか。このあと、質疑応答なんですけど、ご自分でおっしゃられることはそれでよろしいでしょうか。

佐藤:ええ。大丈夫です。

司会:はい。では、マイクを使わないと佐藤さんのほうに届きませんので、ご質問のある方は手を挙げて、挙手をお願いいたします。では。所属を名乗っていただいて。