6日の近畿地方は、高気圧に覆われておおむね晴れているが、それと同時に気温は上昇。気象庁によると、大阪府内では大阪市で午後3時までに最高気温37.4度を観測。そのほか、豊中市では37.9度、枚方市で37.3度を観測した。

 大阪市天王寺区のJR天王寺駅周辺では、近くの天王寺公園でイベントが行われていることもあり、帽子や日傘などで使って歩く人の姿が多くみられる。動物園へ向かう男児は「(天王寺動物園の)動物さん、こんなに暑いのに大丈夫かなぁ」と心配している様子だった。

 同駅近くで待機していたタクシー運転手の男性は「タクシーはエアコンをつけててても、運転席は日差しを受けるんで暑いんですわ。きょうはさらに暑く感じます」などと苦笑していた。

 同庁によると、近畿2府4県をはじめ、全国各地で高温注意情報が発表されており、熱中症などへの注意をよびかけている。また、あす7日の同地方は台風第5号の影響により、大荒れの天気となる見込みだという。

 近畿各地、午後3時までの最高気温は以下の通り(気象庁調べ)

・滋賀県東近江市 35度
・京都府園部(南丹市)37.2度
・大阪府豊中市 37.9度
・兵庫県豊岡市 37.8度
・奈良県五條市 35.8度
・和歌山県和歌山市 36.1度
地図URL:http://map.yahoo.co.jp/maps?lat=34.64799563109293&lon=135.51343844224226&z=17