10日の近畿地方は、朝から晴れ間が広がるなどしており、同日午後1時現在、滋賀県をのぞく近畿各地では高温注意情報が出されている。

 大阪市内では、お盆時期ということもあってか車の交通量もいつもより少なくみえるが、道路では逃げ水がみられ、タオルで顔をふきながら歩いたり自転車をこぐ人の姿が多くみられるといった光景がみられた。

 気象庁によると、大阪市内の同時刻までの最高気温は34度となっており、熱中症などへの注意を呼びかけている。

 同庁は、あす11日の近畿地方の天気は、気圧の谷や湿った空気の影響でおおむね曇りとなり、昼すぎから夜のはじめ頃にかけては、雷を伴った激しい雨の降る所があると予報している。