ジャーナリストの田原総一朗氏が、13日午後3時から外国特派員協会で会見を行った。10日に公示された衆院選の情勢や展望などについて語るとみられる。

 ※一部、判別できない個所がございますことをご了承ください。

森友、加計学園は実につまらない問題

田原:今ご紹介をいただきました田原総一朗です、よろしくお願いします。今、日本の総理大臣は安倍晋三という人です。安倍晋三は歴代総理大臣とまったく違う、1つ特徴があります。歴代首相は、政治家はそうなんですが、政治家になるときになんのために政治家になるのかということを考え、そして政治家になる決意をしました。彼はそういう決意をまったくしていない。おじいさんもお父さんも政治家だった。だから彼は家業を継ぐように政治家になった。そのことが彼の良さでもあります。割に誰の言うことでもちゃんと聞きます。普通の人です。

 その普通の人のだらしなさが典型的に表れたのが森友・加計事件だと思います。あんなものは日本にとって、日本をどうこうすることではまったくない。政治がゆがんだとか間違ったとかいうことでもまったく関係ない。単純に言うと、森友学園問題では国有地が8億円以上安くなった。なんで安くなったのか。その理由を財務局がそれなりのきちんとした文書を書いたと思う、理由をね。その文書を国会で示せばなんの問題もなかった。

 この安倍内閣が4回も選挙に立って、一強多弱、気が緩んだ。もう1つ悪いことに小選挙区制になって、自民党の議員がみんな安倍イエスマンになった。誰も文句を言えなくなった。そこで安倍内閣の重要閣僚がこんな文書があると野党から質問されてめんどくさい。なかったことにしよう。で、だから、このかわいそうなことに財務局の責任者が国会でうそ八百、誰が聞いてもうそっぱちの答えをせざるを得なかった。政府がその官僚に悪いことをしたと、気の毒だと思って彼を国税庁長官にした。

 加計の問題も安倍さんは賄賂も何ももらっていない。あんなものは簡単で、委員たちに加計孝太郎は40年来の友人である。だけど友人だからといって、甘くするなと。きつく審査しろと一言言えばこれで全部オーケーだから。彼は神経がたるんで、めんどくさいと思った。だからまったく知らなかったと言う。この間閉会中審査で、初めて知ったのは今年の1月20日だと言った。去年だけでも7回加計孝太郎と飯を食い、ゴルフをしている。これを知らなかったというのを信じろというのは無理です。

 しかしいずれにしても日本をどうこうする問題ではなくて、実につまらない問題。ところが日本の野党は安倍首相を攻撃するのにこれしか材料がない。今国民の最大の不安は、北朝鮮とアメリカがいつ火を噴いて戦争になってもおかしくない緊張状態にある。私の友人はチキンレースの段階が終わってロシアンルーレットだと。4日にトランプ大統領が日本にやってきます。何しに来るのか。いろんな情報がある。中には韓国と同じTHAADを売り込みに来るんじゃないかという情報もある。1基が1300億。3基で3900億。