元WBC世界Sフェザー級王者の三浦隆司(33、帝拳)が28日、自らのツイッターにて現役引退を表明した。三浦は16日(現地時間15日)米国ロスで、同級王者、ミゲル・ベルチェルト(25、メキシコ)に挑戦したが、1回にダウンを奪われるなど、0―3の大差の判定負けで王座の奪回に失敗。今後の進退については保留していたが、この日、「色々考えましたが引退する事にしました。後悔ありません。小さい頃からの夢を叶えることが出来たし想像もしてなかったアメリカのリングに立てて最高のボクシング人生でした。ありがとうございました」とツイッターに綴った。

 三浦は、金足農業高で国体で優勝するなどアマ経験をへて2003年7月にプロデビュー。2009年に3度目の正直で、日本Sフェザー級王座を獲得、4度防衛後、2011年1月には内山高志の持つWBA世界Sフェザー級王座に挑戦したが、KO負けを喫した。
 その後、帝拳へジム移籍。2013年4月にWBC世界スーパーフェザー級王者ガマリエル・ディアスに挑戦、4度のダウンを奪う壮絶なTKOで王座を獲得した。

 メキシコでの初防衛戦に成功した三浦は、2015年11月に5度目の防衛戦を米国ラスベガスで、同級1位のフランシスコ・バルガスと行い、ダウンの応酬の末、TKOで王座を失ったが、“ボンバー”と呼ばれる左のパンチの破壊力が、この試合で高く評価され、2017年1月には、また米国で同級2位のミゲル・ローマンと世界戦の挑戦者決定戦を行い、12回KO勝ちをを収め、この7月の世界戦につなげていた。

 日本での知名度は高くなかったが、その強力な左を武器にした「やるか」「やられるか」の豪快なファイトスタイルが、本場の米国、メキシコで好まれ、三浦の名前は、逆に海外の方で知られていたという異例のボクサーだった。
 被弾するケースも多く蓄積されたダメージも不安視されていたが、ベルチェルト戦も強烈なボディ攻撃で苦しめ、米国マーケットの評価も大きく落ちていなかったので、戦略をしっかりとリングに持ち込まば、今後、王座奪回の可能性もあっただけに惜しまれる引退となった。

 プロ戦績は、37戦31勝(24KO)4敗2分。