ボクシングのロンドン五輪金メダリストでWBA世界ミドル級1位の村田諒太(31、帝拳)が10月22日、両国国技館でWBA世界ミドル級王者のアッサン・エンダム(33、フランス)と再戦することが3日、都内ホテルで発表された。この日の会見には、強行日程でエンダムまで来日した。世界戦の発表では異例中の異例だ。

 村田は、5月20日にエンダムと同級王座決定戦で対戦、4回にダウンを奪うなど、ほとんどグロッキー寸前にまで追い詰めて圧倒したが、不可解な1−2の判定で王座奪取に失敗した。その後、WBAは、この採点をつけた2人のジャッジに6か月のサスペンテッドの処分を下して、両者にダイレクトリマッチを指令していた。

 会見に臨んだ村田は、「綺麗ごとでなく、彼に感謝している。デビュー戦は冒険マッチだったが、それ以外は、実力を出せば勝てる相手との試合だった。それを初めて強い相手と試合をした。その試合が、今の僕を作ってくれた。この位置まで彼が僕を引き上げてくれた。その意味では、次の試合はもっといい試合、もっと強い試合、彼を超えて、その先を見せたい。
 再戦は、やりやすいものじゃない。相手も手の内を知っている。ましてや、友人のように話すようになったので気持ちのもって行き方も難しいが、リング上でベストを尽くすだけ。リングに上がると殴り合います。いろんな意味で、評価をもらった試合だが、唯一手元にないのがベルト。それを持って帰ります」と、落ち着いた口調でコメントした。

 一方、チャンピオンのエンダムも村田へのリスペクトを忘れず過激な発言はなかった。

「前回の試合は接戦になり、議論をよぶ結果になったが、2人の強いボクサーが戦うと、そういうことがおきてもおかしくない。接戦であったということは、見た人もわかっている、WBAのコメントも気にしていない。この再戦をなぜ受けたか、というと相手が村田であり、自分のためでもある。おそらく彼は倒しにくるだろうし、僕も倒しにいく。それだけの準備をする。前回と同じ展開にはならない。私が、村田よりも勝っているのは、ファイトスタイル。前回の試合で見つけたミスを正す。決して油断はしない」

 KO決着が期待されるが、帝拳の浜田代表も、「ファンが望むのは完全決着。ノックアウトを狙いにいく練習をつけくわえたい」と明言した。しかし、村田は、「チャンスがきたらつめる。無理にいけばカウンターをもらうリスクもある。だが、気にせずつめられるスタミナをつけることが重要になる」とあえてKO宣言をしなかった。それでも「完全決着がができるかどうか。それができれば、ひとつ上のステージに行き、大きな試合が待っている。リスクを負って戦う」と続けた。
 村田の勇気が試される注目の再戦となる。