嵐(大野智、二宮和也、櫻井翔、相葉雅紀、松本潤)が、8月5日(水)に都内で行われた「ソフトバンクと嵐の5Gプロジェクトに関する発表会」に登壇した。

ソフトバンクと嵐は「誰も見たことのない世界へ、一緒に。」をテーマに、5G時代の新しいエンターテインメントの可能性に挑戦するプロジェクトを始動。

第一弾として、「Love so sweet」をファンと嵐が共にバーチャルで合唱体験できる参加型プロジェクト「5Gバーチャル大合唱」を実施。この様子を採用したCMが8月7日(金)より放映される。

嵐が指揮をする中ファンが大合唱するこのCMを見た櫻井は「撮影現場は5人だけだったのですが、想像を超える仕上がりになったと思います」と語り、相葉も「あれだけのファンの皆さんの声が重なると、こんなに迫力があるんだとびっくりしました! 場所は違えど一つになるということができて、幸せな気分になりました」と笑顔を見せた。

■ 二宮「大野さんをチェックしようと思って…」

また、このCMと連動した嵐のスペシャルコンテンツも「5G LAB」で公開されることも発表。「Love so sweet」を歌唱するメンバー5人それぞれにフォーカスする専用カメラで撮影された映像を、お気に入りのメンバーを選んで視聴できる「推しカメラ」機能が楽しめるコンテンツが「FR SQUARE」で8月7日(金)に公開される。

FR映像の操作を二宮が体験。「嵐の中で推しメンを一人選ぶなら?」と聞かれた二宮は迷わず大野をチョイス。「大野さん歌ってない時に休むくせがあるので、そこをチェックしようと思って」と笑いを誘うと、大野も「難しくなる時代ですね…」と苦笑い。

■ 松本「僕らも楽しんでチャレンジしていきたい」

また、「VR SQUARE」ではステージの中心に360度VRカメラを設置し撮影された映像を8月14日(金)に公開。嵐のメンバーに囲まれながら、目の前で嵐が歌って踊る様子を体験できる。

相葉はVRゴーグルを装着し体験しながら「きたきたきた! すごい!」と興奮気味にリアクションし、「普段、みんなと踊る距離よりも近くて、手が届きそう。どこ見ても嵐がいる! いいなこれ、欲しい!」とVRの迫力を熱弁。「これでスポーツとかライブを見られたら絶対楽しいと思う」と5Gの可能性にも期待を込めた。

最後に松本は「インフラが整っていく中で、できることも飛躍的に増えていくと思うので、新たな景色を皆さんと作っていきたい。僕らも楽しんでチャレンジしていきたいです」とプロジェクトに懸ける思いを語った。(ザテレビジョン)