2018年にスタート、今年で3回目を迎える「SUITS OF THE YEAR(スーツオブザイヤー) 2020」がフルCGによるバーチャル授賞式で行われ、「2019」受賞者を代表し、元ラグビー日本代表主将の廣瀬俊朗が、今年の受賞者へ向けて祝辞を述べた。

その収録を終えた廣瀬から、コメントが届いている。

「ビジネスや自分のフィールドで情熱を持ってチャレンジし、時代を変えていく才能や志を持つ人」を表彰する同賞。「SUITS OF THE YEAR 2020」は、【ビジネス部門】【イノベーション部門】【スポーツ部門】【アート&カルチャー部門】の4部門から選ばれ、時代の節目に挑み、大切なメッセージを放つ5人の受賞者が、11月5日(木)夜7時に発表される。

<元ラグビー日本代表主将>廣瀬俊朗コメント
昨年度、スーツオブザイヤー特別賞を受賞して以来、装いに対して、興味関心が大きくなりました。以前よりチーフ、ネクタイ、靴、ベルトなど、小物などにもこだわるようになりました。

今年は、コロナ禍でスーツを着る機会が減りましたが、一層、スーツでオンのスイッチが入ることを実感できるようになりました。自宅にいるときはラフな格好で、都心できっちりとした仕事をするときはスーツで挑む。勝負には欠かせないピースだなと改めて感じています。

シーンによって、使い分けて、相手や場にも配慮できるような大人を目指していこうと思います。