10月29日、映画「STAND BY ME ドラえもん2」の完成報告会が東京・グランドハイアット東京で開催され、妻夫木聡、宮本信子、八木竜一監督と山崎貴共同監督が登壇。ゲスト声優としてひみつ道具の声を演じたフリーアナウンサーの羽鳥慎一がMCを務め、ドラえもんも応援に駆け付けた。

2020年、「ドラえもん」は漫画連載開始から50周年を迎え、夏に「映画ドラえもん のび太の新恐竜」が公開に。そして11月20日(金)に3DCGアニメーションで描かれる映画「STAND BY ME ドラえもん2」が公開される。

2014年に多くの人に感動をもたらした「STAND BY ME ドラえもん」の続編となる同作は、原作の中でも名作と知られる「おばあちゃんのおもいで」をベースに、新たな要素を加えて構築。前作ではのび太としずかちゃんの結婚式前日の様子が描かれていたが、今回は結婚式当日が描かれている。


のび太の声を演じるのは、前作に続いて妻夫木。「前回は結婚式の前日、今回は当日ということで、前回でいろんなことが解決していたと思ってたんだけど、当日になってもまだあったんですね(笑)。
大人になっても頼りないのび太くんですけど、どこかほっとけない愛くるしさを持っているので、そういうところを心掛けて演じさせていただきました。台本を見たら意外と出番があるなぁって、正直ビビりました(笑)」と、二度目の“のび太”を演じる時の気持ちとセリフ量の多さに驚いた心境を語った。

続けて「漫画というものを読んで、子どもの頃に初めて泣いたのが『おばあちゃんのおもいで』で、のび太の根底にある優しさだったり芯の強さはおばあちゃんからもらったものなんだろうなって、子どもながらに思っていました」と、原作に関する印象も振り返って答えた。

今作のキーパーソンとなる“のび太のおばあちゃん”の声を担当した宮本。
演じる時の心境を、「のび太のおばあちゃんは、本当にまるごとのびたくんが好きで、彼が何をしても受け入れる存在。そういう人だと思っています。一生懸命じゃなくて、大きな空気みたいなものをフワッと出してのび太くんを包んであげるっていうのをイメージしました」と、演じた役柄と同じような優しい口調で話した。

宮本が演じた“おばあちゃん”の声について、妻夫木は「どの作品の時も、試写では自分の反省点ばかり探しちゃうんですけど、この作品はおばあちゃんの声を聞いた瞬間に涙があふれちゃって…。おばあちゃんが出てくると泣くっていうスイッチが入っちゃいました。それぐらい素晴らし過ぎましたね」と絶賛。

一方、そんな妻夫木の印象を、宮本は「本当に純粋な人だなって思ったんですけど、のび太くんもそうで。のび太くんの涙を見てると本当に抱き締めたくなっちゃうんです。それを妻夫木くんにも感じました」とのび太と重なる部分があったと話した。

■妻夫木「500円で芸能界に入りました(笑)」

“結婚式の当日にのび太が逃げた”という物語の内容にちなんで、これまでに逃げ出したいことについて聞かれると、妻夫木は芸能界入りのきっかけとなったゲームセンターのゲーム機でのオーディションを挙げた。

「ゲームセンターのゲーム機のオーディションだからな、と思って、最終選考にあまり期待せずに行ったんです。そうしたら10台ぐらいテレビカメラがいて、『ウソだろ!』って思ったんですよ(笑)。これで落ちたら大恥だなって思って、逃げようとしてました。
親から『おまえは絶対に逃げちゃダメだぞ』って言われてたんです。事務局の方から前日に電話があったみたいで、僕がどうやら逃げ出そうとしてる雰囲気を感じ取られてたみたいです」と当時を回顧。

羽鳥が「そのゲーム機、すごいですね。妻夫木さんを見いだしたわけですから」と感心すると、妻夫木は「500円で芸能界に入りました(笑)」と笑顔を見せた。

さらに、ドラえもんから妻夫木と宮本に「もし、僕と1日過ごせるとしたら何をしますか?」という質問が。

妻夫木は「ドラえもんといえば代表的な道具はどこでもドアなので、世界中のおいしいものを一緒に食べに行きたいですね」と答えると、「いいですね!僕もいっぱいいっぱい食べたいです!」とテンションが上がった。

宮本は「私はドラえもんと原っぱに行って、寝っ転がって、空を見て、そしてちょっと起きて、『ねぇ、ドラえもん。私にアンキパンを食べさせてくれない?』って言って。それを私にください(笑)」とおねだりすると、「しょうがないなぁ、宮本さんは。特別ですよ!」と快く約束した。

最後は、妻夫木が「試写会で見て、ホッとしたんですよね。最近いろんなことがあって、どこかホッとしたかったんだろうなって感じました。久しぶりに泣いたなって。泣いちゃいけない、頑張らなきゃいけないという思いがあった気がします。
でも、たまにはホッとできる場所が必要だし、この映画は皆さんにとってもホームタウンになるような、ホッとできる場所になったと思います。劇場に来て、再び“ドラ泣き”をしていただいたらうれしいです」というメッセージを届けて、報告会は終了した。

映画「STAND BY ME ドラえもん2」は11月20日(金)全国東宝系にてロードショー。