黒木華や多部未華子らが、10月29日に都内で開催された「東京ドラマアウォード 2020」授賞式に出席。それぞれ主演ドラマ「凪のお暇」(2019年、TBSテレビ)や「これは経費で落ちません!」(2019年、日本放送協会)の作品賞・連続ドラマ部門優秀賞受賞に喜びのコメントを寄せた。


国際ドラマフェスティバル in TOKYO 2020のメインイベントである「東京ドラマアウォード2020」は、作品の質の高さだけでなく、“市場性”“商業性”にスポットをあて、“世界に見せたい日本のドラマ”というコンセプトのもと、世界水準で海外に売れる可能性が高い優秀なテレビドラマを表彰する。

イベントには黒木、多部の他、生田斗真、佐藤健、伊藤沙莉、中村勘九郎、吉田羊、大泉洋、Official髭男dismらも登壇。石坂浩二が司会を務めた。

黒木が主演を務めた「凪のお暇」は、仕事も恋もすべて捨て突然失踪した28歳・元OLの凪(黒木)が、追い掛けてくる元恋人・慎二(高橋一生)と自由なゴン(中村倫也)ら新しく出会う人たちを巻き込んで人生をリセットするストーリー。

黒木は、同ドラマで個人賞・主演女優賞も受賞。石坂から演技を絶賛された黒木は感謝し、「(演じた)凪ちゃんの成長がテーマだったので、なるべく自分のできる限り素直に演じました」と振り返り、「共演者の皆さんが(演技)達者な方と言いますか、すごくやりやすく作ってくださったので、それがすごく幸せでしたね」と笑顔で語った。

多部主演の「これは経費で落ちません!」は、せっけんメーカーの経理部に勤める森若沙名子(多部)が、回ってくる領収書や請求書などから、怪しい事実や訳ありの人間模様を見つけ出し、小ずるい社員らに立ち向かう姿を描いた。

「これは経費で落ちません!」の作品賞・連続ドラマ部門優秀賞の表彰でステージに登壇した多部は、石坂から「誠実な役を演じるのはなかなか難しけど、誠実さが光ってた」と感想を言われ、「ありがとうございます」と照れ笑い。

また、撮影中のことを「すごく楽しかった思い出しかないです」と振り返り、「経理は地味でパッとした職業ではないと思われがちですが、会社では大事な部分。そこを描けたのは良かったです」と思いを口にした。

■東京ドラマアウォード2020 受賞作品・受賞者

●作品賞<連続ドラマ部門>

グランプリ「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」日本放送協会
優秀賞「これは経費で落ちません!」日本放送協会
優秀賞「あなたの番です」日本テレビ放送網
優秀賞「俺の話は長い」日本テレビ放送網
優秀賞「凪のお暇」TBSテレビ
優秀賞「恋はつづくよどこまでも」TBSテレビ
優秀賞「病院の治しかた〜ドクター有原の挑戦〜」テレビ東京

●作品賞<単発ドラマ部門>

グランプリ「教場」フジテレビジョン
優秀賞「ストレンジャー〜上海の芥川龍之介〜」日本放送協会
優秀賞「スイッチ」テレビ朝日
優秀賞「アメリカに負けなかった男〜バカヤロー総理 吉田茂〜」テレビ東京
優秀賞「2020 年 五月の恋』WOWOW
ローカル・ドラマ賞 「となりのマサラ」NHK福岡放送局
ローカル・ドラマ賞 「ひまわりっ〜宮崎レジェンド〜」テレビ宮崎

●個人賞

主演男優賞:生田斗真「俺の話は長い」日本テレビ放送網
主演女優賞:黒木華「凪のお暇」TBSテレビ
助演男優賞:佐藤健「恋はつづくよどこまでも」TBSテレビ
助演女優賞:伊藤沙莉「これは経費で落ちません!」日本放送協会
脚本賞:金子茂樹「俺の話は長い」日本テレビ放送網
演出賞:塚原あゆ子「グランメゾン東京」TBSテレビ
主題歌賞:Official髭男dism「I LOVE...」(「恋はつづくよどこまでも」主題歌)

●海外作品特別賞

「清平楽」中国
「愛の不時着」韓国
「カルマの檻」タイ