11月2日(月)にスタートする、上野樹里主演“月9”ドラマ「監察医 朝顔」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系※初回は夜9:00-10:24)第2シーズンに、ともさかりえ、大谷亮平が出演することが決定。第2シーズンからの新たな登場人物・忍、若林を演じることが明らかになった。

同作は、香川まさひとの同名漫画を原作に、大きなアレンジを加えて映像化されたヒューマンドラマ。上野演じる主人公の万木朝顔は、神奈川の興雲大学・法医学教室に勤める法医学者。一方、朝顔の父・万木平(時任三郎)は、神奈川・野毛山署強行犯係に勤めるベテラン刑事。

朝顔と平ら“法医学者×刑事”という異色のタッグが、かたや解剖、かたや捜査でさまざまな遺体や事件の謎を解き明かし、遺体から見つけ出された“生きた証”が、生きている人たちの心まで救っていくさまを、胸が締めつけられるほどハートフルにつづっていく。

それと同時に、2019年7月クールの「監察医 朝顔」(第1シーズン)では、平と同じ刑事の桑原真也(風間俊介)との結婚や、一人娘のつぐみ(加藤柚凪)の誕生を経て、癒やしようのない悲しみを少しずつ乗り越えていく父娘の姿を、胸が詰まるほど細やかに紡ぎ上げていった。

そんな同ドラマで、ともさかと大谷は第2シーズンの第2話以降から登場。
「東京DOGS」(2009年)以来、11年ぶりの“月9”ドラマ出演、「ぬけまいる〜女三人伊勢参り〜」(2018年、NHK総合)以来、2年ぶりの連続ドラマのレギュラー出演となるともさかが演じるのは、信用金庫に務める忍という女性。

思いやりがあり、真面目で礼儀正しい人となりである一方、曲がったことが大嫌いな忍は、物心ついたころから抱いていた“ある夢”があり、その夢をかなえるために、長年勤めた信用金庫を退職することを決意する。

そして、ずっと夢見ていた仕事に就くため、忍は一直線に進んでいく。また、物語が進むにつれて、さらに驚くべき“忍と朝顔のつながり”も明らかになっていく。

日本でのドラマデビューを飾ることにもなった「ラヴソング」(2016年)以来、4年ぶりの“月9”ドラマ出演となる大谷が演じる謎の男性・若林は容姿端麗で、小粋な所作から非常にスマートな男性であることは一目瞭然。

その素性は一切不明だが、興雲大学法医学教室の主任教授である夏目茶子(山口智子)と関わりがあるようで、若林と茶子は人目を忍んでは2人だけで会い、2人にしか分からないような話をしている。若林の正体や茶子との関係についても、物語が進むにつれて意外な事実が発覚していく。

■金城綾香プロデューサーのコメント

ともさかりえさんの凛とした佇まいと、優しい笑顔に柔らかい声が、忍にピッタリだなと思いまして、今回オファーさせていただきました! 何カ月も秘密にしていましたので、今日発表できてとてもうれしいです!

大谷亮平さんは、ご本人のスマートな出で立ちに加えて、上品な雰囲気が、この若林というキャラクターをよりミステリアスにしてくださいました。
役の詳細が言えないのが悔しいです! オンエアでお楽しみください!

■ドラマ「監察医 朝顔2」第1話あらすじ
万木朝顔(上野樹里)は、神奈川県にある興雲大学法医学教室に勤める法医学者。野毛山署強行犯係の刑事である父親の平(時任三郎)、夫で平の元部下だった神奈川県警捜査一課の刑事・桑原真也(風間俊介)、そして5歳になる娘のつぐみ(加藤柚凪)と一家4人、笑顔が絶えない幸せな日々を送っている。

ある朝、朝顔たちが朝食をとりながら話をしていると、ふいにつぐみが「弟が欲しい」と言い出す。気まずい空気の中、仕事に出かける平と桑原。

朝顔もつぐみを保育園に送り届けると、いつものように興雲大学へと向かった。するとその途中で朝顔は、立体歩道橋で発生した群衆雪崩の事故現場に遭遇する。大きなイベントが予定されていた近くのスタジアムで突然火災報知器が作動し、逃げようとしてパニックになった人々が立体歩道橋に殺到したために起きた事故だった。

朝顔が興雲大学へと急ぐと、法医学教室では安岡光子(志田未来)、高橋涼介(中尾明慶)、藤堂絵美(平岩紙)、藤堂雅史(板尾創路)らもテレビのニュースで群衆雪崩の現場映像を見ていた。20名が病院に搬送され、うち死者4人、意識不明の重体1人の大参事だった。主任教授の夏目茶子(山口智子)は海外出張で不在だったが、法医学教室にはすぐに解剖の依頼が入った。

同じころ、平は、野毛山署強行犯係の森本琢磨(森本慎太郎)や山倉伸彦(戸次重幸)ら同僚や、県警の桑原、検視官の丸屋大作(杉本哲太)らと連携して、事故の原因を調べ始める。

だが、奇妙なことにスタジアムでは火災が発生していなかった上、現場では異臭がしたという証言もあり、実際に被害者の中にはけいれんや意識障害など、化学薬品を吸引したと思われる症状を訴える者もあった。また、事故が起きる直前、金髪の男性が騒いでいたという複数の証言も得られていた。

あくる日、群衆雪崩で妻を失ったという金髪の男・佐藤祐樹(松田元太)が、事故現場でマスコミの取材に応じる。そこで祐樹は、これは事故ではなく殺人だと訴える。