俳優の大泉洋とムロツヨシが、11月4日に東京都内で行われた映画「新解釈・三國志」の完成報告会見に登場。2人以外は全員パネルでの登壇ということで「俺らが暇みたいじゃん!」などと不満を漏らしつつ、福山雅治の歌う主題歌「革命」についてや「三國志」ファンへの思いなどを語った。

同作は有名歴史エンターテインメント「三國志」を、ヒットメーカー・福田監督がオリジナル脚本で映画化したもの。主人公となる「蜀」の武将・劉備玄徳役を大泉が務め、ムロは劉備ら「蜀」を導く天才軍師・諸葛亮孔明を演じる。

登壇するなり、ムロと自分以外はパネルということにやや怪訝な表情を浮かべた大泉は「本日は、諸都合ございまして、私とムロ君以外のキャストは全部パネルになってしまいましたが、決して私とムロ君が暇だから来られたわけじゃないんです。主役と二番手として、代表してしゃべります。いろいろ聞いていただけたら」とあいさつ。

ムロも同調しつつ「このような発表をするなんて想像もしませんでしたが、たくさん答えて盛り上げて、少しでも(マスコミに)来て良かったなと思っていただけるようにしたいと思います」と殊勝に語った。


大泉、ムロの他にも福田組の常連や幅広いジャンルの個性豊かなキャスト陣が集った同映画。主題歌は福山が担当している。

同主題歌について、大泉は「最後にカッコいい音楽がかかったな〜と思ったら福山さん。豪華だよね。『革命』って歌です」と力を込めると、ムロは「僕、知らされていなかったんです。見た時、最後急に福山さんの声が聞こえてきて、『福山雅治…さんだ!』って」と驚いたことを明かす。

一方、大泉は事前に聞いていたようで「僕は完成したものを見る直前に(福山と)ご飯を食べる機会があって、『(福山の物まねで)洋ちゃん、『三國志』のテーマ曲やるんですよ。洋ちゃん、あの役カッコいいね。カッコいいよね』って。ずっと『カッコいいね』って言ってくれるんですよ。だから、見てないんじゃないかなって」と推察。

続けて「後から(スタッフに)聞いたら『最後の方を見せた』って言ってたかな。だから、そこしか見てないんじゃないかなって。(作品の)99%はカッコ悪いですからね。最後だけカッコよくなっているんですけど、ずっと福山さんは『カッコいいね』って言っていたので、プロデューサーが引き受けてもらうために、そうしたんじゃないかなって」と苦笑い。

するとムロは「やばいですよ。気付いたら主題歌を撤退するんじゃないかな。主題歌が変わったら、察してください」と言い、大泉も「そしたら僕らが歌うしかないかなって」と自虐気味に語った。

また、「三國志」ファンへ向けてのコメントを求められると「『三國志』をよく知っている人は…もう見なくていいんじゃないかな〜」と大泉がとぼければ、ムロも「ええ…『三國志』を知っている方は、見ないでいいです!(笑)」と断言していた。

映画「新解釈・三國志」は、12月11日(金)より全国東宝系にて公開。