11月14日(土)放送の「冗談騎士〜ネクストブレイク芸人大集合!秋のユニットコントフェス〜」(夜7:00-8:55、BSフジ)に、4月に大阪から上京しテレビ出演も増えている注目の男女コンビ・蛙亭(中野周平、岩倉美里)が登場。東京の後輩・そいつどいつを助っ人に、ユニットコントを披露する。

同番組では、次世代を担う若手芸人6組が、年末に行われる「年またぎ特番」のシード権を懸けて、名刺代わりの“最強ネタ”とMCの鈴木おさむから指示されたテーマに沿ったユニットコントで競う。今回は、蛙亭らのほか、空気階段とゴスケ、クロスバー直撃とインポッシブル、シューマッハと根菜キャバレーとヒガ2000、まんじゅう大帝国とネコニスズ、やさしいズとサンシャインがチームとして出演。さらに、スピードワゴンがゲストで登場し、若手芸人たちの悩みに本気でアドバイスを送る。

WEB「ザテレビジョン」では蛙亭にインタビューを実施し、収録の感想や上京後の現在について語ってもらった。

■東京に来てから初めてのユニットコント

――「冗談騎士」の収録はいかがでしたか?

岩倉:自分たちのネタを見ていただけたのもすごくうれしかったですし、ユニットコントがめちゃくちゃ楽しかったです。4月に東京に来てから初めてのユニットコントだったので、それも含めて楽し過ぎました。

中野:打ち合わせの段階から笑って作っていて、ずっと楽しかったですね。打ち合わせも練習も本番も全部楽しかったので、そいつどいつに感謝です。

――そいつどいつさんを助っ人に選ばれた理由は?

岩倉:そいつどいつのネタは以前から面白いなと思っていまして、いつか何か一緒にやる機会があるといいなと思っていたところにこのお話をいただいたので、それで声を掛けさせてもらいました。あと、あの二人はどういうネタ作りの仕方をしているんだろうと気になっていたので、いろいろ知りたいなと思って誘いました。

――ネタ作りの方法を知ることはできましたか?

岩倉:はい。台本からというよりは、松本(竹馬)がネタを書いて、(市川)刺身もそのキャラクターに応じたことを出し合っているという感じで、私たちと結構似ていたのでやりやすかったです。

■「すごく大好きなので、いつか一緒にできたら」

――ユニットコントのネタ作りは、どのように進められたのですか?

岩倉:最初、私が女性なので、女性ということを生かしたネタを考えたんですけど、私たちのネタは、「中野さんがこのキャラをやったら面白いだろうな」ということをコントでやっていて、そいつどいつは「刺身がこれをやったら面白い」と松本が思うことをやっているので、中野さんと刺身の両方を生かせたらいいなと。設定をみんなが出してくれて、ちょうどいいというか、バランスのいいネタができました。

――今回は「旅行」がテーマでしたが、普段ネタを書かれていない中野さんの設定が採用されたそうですね?

中野:奇跡ですけどね。散々みんなで出し合って、最終的に僕のが採用になったというだけです(笑)。最初、「修学旅行にしよう」と言っていたんですよ。学生服を着て、4人でやったら楽しそうだなと。そこから考えて考えて、全然関係のない“社員旅行”というのになって。4人でやったからたどり着けた感じはありますね。

岩倉:中野くんが出したというのは、全く覚えてなかったです…。

――忘れてしまうくらい珍しいということですか?(笑)

岩倉:本当に、はい、そうです。

中野:珍しいなら覚えとかんと!

岩倉:(笑)。そんなわけないと思いました(笑)。

――他のチームで印象に残っている組はありますか?

岩倉:皆さん、それぞれの良さが出ていて面白かったです。サンシャインさんとやさしいズさんのネタは二組の良いところが出ていて、「“コント”って感じ!」「楽しい!」と思いました。

中野:(ネタを)やる前に空気階段がゴスケを使うと聞いて、「ゴスケ使うんか…」と(笑)。いい意味でむちゃくちゃになるんだろうなと思って見たら、期待を裏切られず、想像通りのゴスケの使い方だったので面白かったです。

――今回、同じ事務所などルールの下でのユニットコントでしたが、何も考えずに助っ人を選択するとしたら、組みたい方はいらっしゃいますか?

岩倉:ニューヨークさんとか、他事務所だったらGパンパンダとかフランスピアノとか…。ニューヨークさんは、おこがましいですけどすごく大好きなので、いつか一緒にやらせていただきたいなと思います。

中野:僕も本当におこがましいですけど、一番一緒に何かをやってみたいのは、元キングオブコメディの今野(浩喜)さんですね。いろんなキャラをされていますし、どんな感じでボケを生んでるんかなとか、ネタ作りの感じを見てみたいです。あとは、今回はリーダーでしたけど、やさしいズさんとやりたかったですね。

岩倉:そうですね。

中野:前に、やさしいズさんと「いつか一緒に何かやってみたいな」ということを喋っていたので、また機会があったらいいなと思います。

■「(岩倉さんは)私生活までネタ作りに侵食されている…」

――鈴木おさむさんとスピードワゴンさんへの相談コーナーでは、岩倉さんがネタ作りについての悩みを打ち明けられていましたが、アドバイスを受けていかがでしたか?

岩倉:すごく(芸歴が)離れているのにお三方を近く感じて、「幸せ〜」と思いました(笑)。勉強になるところもあれば、思っていることとかやっていることも一緒なんだなと分かってうれしかったです。親近感じゃないですけど、「こんな上の方でも、こんないっぱい考えられているんだ…」みたいな。

――中野さんは、この“生みの苦しみ”についての話をどのように聞いていらっしゃいましたか?

中野:僕は岩倉さんのような経験はないですし、USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)に行ってものびのび遊べますし(笑)。(岩倉さんは)私生活まで侵食されているんだなと…。僕はネタが作れないので、ネタを作るって本当にすごいことだと思っていて。この間、ピンネタをする機会があったんですけど、作り方がもう分からなくなってしまっていてめちゃめちゃ地獄でした。普段は、おかげさまでのびのびとできるので、ありがたいです。

■「大阪にいた時の比じゃないです」

――東京に来てから順調に知名度を上げられているのではないかと思います。手応えや実感はありますか?

岩倉:実感ありまくりです。本当に東京に来てよかったなと思います。毎日、出たかったテレビだとか、会いたかった人に会えて、その方に「面白いね」などと言っていただいて、夢のような日々を送っています。

――ちなみに会いたかった方というのは?

岩倉:スピードワゴンさんもそうですけど、あとはロッチさんとか。ロッチさんとご一緒させていただいた時に、「〇〇のネタ、めっちゃおもろいな」と言っていただいて。学生時代見ていた方にそう言っていただいたので、激アツだなと。

――中野さんは、手応えはいかがですか?

中野:手応えは分からないですけど、実感はすごくありますね。一回出られるだけでもありがたいのに、同じ番組に何回も出られたりとか。大阪にいた時の比じゃないです。コロナ禍なのに大阪にいた時より仕事多いってすごいな、東京に来ただけなのにありがたいなと毎日思っています。

■「上京にはあまり抵抗がなかった」

――上京をするのも勇気がいると思いますが、自信になった出来事はあったのでしょうか?

岩倉:そういうのはなくて、そもそも二人とも地方から大阪に出てきているので、上京とか移ることに関してはあまり抵抗がないというか。寂しさはあったんですけど、「東京に行ってもやることは同じだから」と思って上京しました。
でも、きっかけになったのは、2019年に「キングオブコント」の予選を東京で受けたら、初めて準決勝に行けたということです。その時に、早めに東京に来たいなと思いまして、大阪で仕事があったわけでもないので、フットワークも軽く、「すぐ行っちゃおう!」と。

――それが良い方につながっているということですね。今後やりたいことなど野望はありますか?

中野:賞レース優勝はもちろんですけど、全国ツアーをしたり、年末年始のネタ番組にも出たいですね。他にも、ネタ番組があるとなったら、名前を挙げてもらえるようになりたいです。

岩倉:ネタ番組にいっぱい呼んでもらえるようになりたいです。そのために、ネタをたくさん作っています。

――最後に、「冗談騎士」の見どころを教えてください。

岩倉:ユニットコントは、作る時に案が出なかったら「う〜ん」となったり、しんどいイメージだったので、「いけるかな?」と思っていたんですけど、とにかく楽しかったです。楽しいことをネタにできて、見た感じ皆さんもそうだったので、それぞれの色と本気を見てほしいです。

中野:結構近い先輩もいて個人的にはめちゃめちゃ楽しかったですし、若手メンバーをこんなにいっぱい呼んでもらえて、すごく長い時間やらせてもらえて、それから、鈴木おさむさんとスピードワゴンさんにも見てもらえて、とても貴重なことをしていたんだなと思いました。東京で初めてやった僕らのユニットコントもそうですし、他のチームのユニットコントも見てほしいですね。あと、スピードワゴンさんは僕らが見ていた時代のお笑い番組に出ていた先輩なので、その先輩から貴重なお話を聞けて個人的に熱かったです。