木村佳乃が主演を務める金曜ドラマ「恋する母たち」(毎週金曜夜10:00-10:54、TBS)のParaviオリジナルストーリー「恋する男たち」第3話の主人公を玉置玲央が務めることが分かった。今作は11月6日(金)の本編放送終了後に配信される。

「恋する母たち」は、3人の“美しい母”、パートで働くシングルマザー・石渡杏(木村)、バリバリのキャリアウーマン・林優子(吉田羊)、キラキラのセレブ妻・蒲原まり(仲里依紗)の心を3人の男性が揺さぶっていく様子を描く物語。

原作は恋愛漫画のカリスマ・柴門ふみによる同名の人気作品で、脚本は恋愛ドラマの名手・大石静が手掛ける。

「恋する母たち」でまりの夫で、エリート弁護士の蒲原繁樹を演じている玉置。その玉置が第3話で主人公を務めるParaviオリジナルストーリー「恋する男たち」の主人公は8人の男性。本編が女性目線で展開するのに対し、オリジナルストーリーでは男性目線で物語が進んでいく。

男性はなぜ失踪したのか、なぜ結婚している女性を好きになってしまったのか、なぜ妻以外の女性と関係を持ってしまったのかなど、“要注意”な男性たちをメインに、本編では描かれない“やっかいな”恋愛が描かれる。

また、このたび配信される第3話には「全裸監督」(Netflix)において体当たりの演技で一躍話題となった森田望智も登場。本編でも、まりへの嫉妬のあまり思いもよらない行動をとるのり子が、「恋する男たち」でも存在感のある演技を見せる。


■「恋する男たち」第3話 蒲原繁樹編=禁断の社内恋愛!

まり(仲里依紗)という妻のほかに浮気相手もいる蒲原繁樹(玉置玲央)は、年収5000万円のエリート弁護士で法律事務所の代表。

社内恋愛はしない主義だったが、「先生に憧れていたんです!」と面接で公言した山下のり子(森田望智)を面白がってインターンに採用。のり子の素朴で真っすぐな人柄に徐々に引かれていく。

そして迎えたのり子のインターン最終日。自分は弁護士向きではないと自覚したのり子は、弁護士になるのを諦めて地元の婚約者と結婚すると繁樹に報告しつつも、秘めていた繁樹への思いを告白する。そんなのり子に繁樹は…。

社内恋愛はしない主義だった繁樹がなぜインターン生であるのり子に引かれてしまったのか、そしてなぜ不倫をするまでに至ったのかが描かれている11月6日(金)配信の「恋する男たち」第3話。

その裏に隠されたある秘密や、田舎出身でファッションに疎いのり子が繁樹のアドバイスにより変身していく様子など最後まで見逃せない内容となっている。


■玉置玲央コメント

本編では語られない、そこに至るまでの経緯や裏話を垣間見るっていうのが個人的には大好きなので、非常に楽しく演じさせていただくことが出来ました。

境遇も感覚も自分自身とは全く違う蒲原繁樹という役を通して、これまた自分の周りには全くいないタイプの女性、山下のり子と対峙するのは本当に刺激的でした。

「恋する男たち」自体ももちろんですが、この物語を通して「恋する母たち」をより一層楽しんでいただければ幸いです。

■森田望智コメント

本編では誰もが敬遠したくなる悪女。ですが、今回は正反対の純粋で真っ直ぐなのり子さんを演じさせていただきました。

Paraviならではの遊び心、その面白さを感じながら、いつものキャラクターとは違うギャップを存分に楽しませていただきました。え、どういうこと? と思った皆さま、ぜひぜひその真実を最後まで見届けてください。