「第105回ザテレビジョン ドラマアカデミー賞」では、「半沢直樹」(TBS系)の福澤克雄氏、田中健太氏、松木彩氏が監督賞を受賞。3氏へのインタビュー後編では、同じく第105回ドラマアカデミー賞で主演男優賞を獲得した堺雅人をはじめ作品を彩ったキャストたちの印象や、前作に続き大ヒットとなった今作への視聴者からの反応について聞いた。

【監督賞は「半沢直樹」半沢・大和田の共闘は『以前から、チャンスがあればと』<ドラマアカデミー賞・インタビュー前編>から続く】

■怒濤の演技合戦…きっかけは「今のドラマはおとなしすぎるのでは」
――主演男優賞を獲得した堺雅人さんの演技はいかがでしたか?

福澤:堺さんは最初から最後まで筋が通っていました。このドラマは堺さんがぶれないからこそ、周囲のキャストがいろんなことをやっても成立する。これが半沢までいろいろやりだしたらぐちゃぐちゃなドラマになるので、堺さんはそれを分かってどんと構えてくれたと思います。

――歌舞伎役者と小劇場のスターが集まり、演技合戦を繰り広げる様が圧巻でした。

福澤:歌舞伎、歌舞伎と言われますが、役者の皆さんはあくまで映像向けの芝居をしている。例えば、昭和の黄金期の映画を見ると、昔の役者さんたちはかなり思い切った芝居をやっていましたからね。それに比べて、今のドラマはおとなしすぎるのではないか。シーズン1のときは批判覚悟でそういう芝居をやってもらったけれど、受け入れられたので、今回も芝居を見せようと思いました。

松木:とにかくキャストの皆さんの力は圧倒的でした。役者さんからいろんな提案を受けながら作っていくのが今思えばとても楽しかったです。そのときはただ必死なんですけど。

――今回の新キャストで印象的だった人はどなたですか?

福澤:伊佐山役の市川猿之助さんはかなり気合いが入っていましたね。香川さんからアドバイスをもらって憎たらしい悪役を演じてくれました。また、「この人はすげえなぁ」と思ったのは箕部役の柄本明さん。強烈で恐ろしかったね。とにかく悪役に名優と呼ばれている人を呼ぶのがこのシリーズなので、そのコンセプトは貫きました。

前半の証券編から出てくださった森山役の賀来賢人さん、瀬奈役の尾上松也さんも「半沢直樹」に新しい風を吹かせてくれたね。証券編では社長夫人役の南野陽子さんもよかった。新しいキャストの方々は、やはり撮影に入って波に乗るまでが大変だけれど、結果的に全員が印象的な芝居をしてくれました。演出としてもあまり苦労はなかったですね。

■「テレビ本来の『この時間しか見られない』という感覚がよかったのでは」
――半沢の決めセリフ「倍返しだ」に対して、今回は「恩返しだ」という新しいキーワードも出てきました。

福澤:前作から7年が経ち、「倍返し」はもう死語になっているので恥ずかしいなと思って「恩返し」を入れたけれど、視聴者の皆さんの反応を見ていると「倍返し」はまだ死語でもなかったのかと…。ただ、半沢が「倍返しだ」と言うような復讐ドラマは簡単と言えば簡単なので、それを繰り返すのではあまり発展がない。そこで、人間ドラマとして「恩返し」を入れていこうと考えました。

――視聴者の反応はどんなところで感じましたか。

福澤:ドラマの新しい楽しみ方が提示できたかなとは思いますね。日曜の夜9時、スポーツ観戦のようにみんなで「せーの」と見始めて、ネットで騒ぐ。そして、放送が終了するとSNSでの感想がわーっと増えるんですよ。やはりテレビ本来の「この時間しか見られない」という感覚がよかったのでは。

田中:うちの子は小学生で、学校でも子供たちが「倍返し」だと言って楽しんでくれたようです。他のドラマではよく女性から「見ましたよ」と声を掛けてもらうのですが、「半沢直樹」では男性、特にお父さん世代から見ていると言われました。家族みんなで一緒に見られるドラマになったのがうれしかったですね。

松木:私も、甥っ子から初めてものまね動画を送ってもらいました。それを見ると半沢の決めぜりふを言っていて、どうやら普段もお父さんと「パパ和田常務」という寸劇をしている(笑)。また、居酒屋さんの看板に「日曜の銀行員が敵」と書いてあるのを見たことも。こんなことは今までなかったですね。

福澤:ただ、僕らはネットで盛り上がることを目的にしているわけではない。撮影しているときは香川さんの「おしまいデス!」だってネットで盛り上がるなんて、まったく思わなかった。仕掛けているつもりはなく、あくまで現場で生まれた芝居なんです。

■福澤監督は「半沢と“鉄の女”とのシーン」に手応え
――演出していて期待を超えた、または驚きがあった場面を教えて下さい。

田中:第7話で半沢が、開発投資銀行の“鉄の女”谷川(西田尚美)と会議室に二人だけでいる場面ですね。谷川が本当は政府に逆らえない銀行を改革したいという思いを吐露し涙ぐむ場面ですが、それを受けた半沢がものすごくいい表情をしていたんです。モニターで見ていて、予想よりずっといいシーンになるなという手応えを感じました。

松木:第8話のラスト、箕部を調べた黒崎(片岡愛之助)が更迭され、半沢に忠告をして去っていく場面ですね。黒崎は、口調はいつもと変わらないのに、流れる空気が違っていてとても印象的でした。それを受けた半沢の顔も含め、ドキッとしました。

また、第6話の取締役会で曽根崎(佃典彦)が土下座するシーンは長回しだったのですが、キャストの皆さんが誰もNGを出さなくて、その1シーンを2日かけて撮るはずが1日で終わり、役者さんってすごいなぁと改めて思いました。

――高い視聴率を獲得したのは、現実でも悔しい思いをしているサラリーマンが多くいるからなのでしょうか?

福澤:物語に共感してもらえたとすれば、それはもう既に原作にあったもの。撮影中、そこはあまり考えないですね。この原作をどう面白く撮るか、どうやって見てもらうか、それだけです。

通常の連続ドラマは1話の台本が70ページぐらいだけれど、半沢の場合は100ページもある。それを現場で演じてもらって、編集作業ではスパーンとカットする。そうやって世の中の人に最高のものを届けることばかり気にしていました。僕らが現場で力を尽くせば、あとは役者さんがやってくれますから。

――まさに、役者の演技力をフルに活かしきったドラマでしたが、また今回のキャストと組んでみたいという気持ちはありますか?

田中:そうですね。今回はクランクアップのとき、感染防止のために打ち上げもしなかったので、また改めてキャストの皆さんに会う機会があるとうれしいです。

松木:私はジャイさんから「演出の自分が万能だと思わず、役者さんの胸を借りるつもりで行け」とアドバイスしてもらいました。そして、本当にその言葉のとおり胸を借り切ってしまったので、いつか皆さんに恩返しできればと思います。
(取材・文=小田慶子)