柴咲コウが主演を務める「35歳の少女」(毎週土曜夜10:00-10:54、日本テレビ系)の第5話が、11月7日(土)に放送となる。同作は、「家政婦のミタ」(2011年、日本テレビ系)、「同期のサクラ」(2019年、日本テレビ系)の制作チームが集結し、「〇〇妻」(2015年、日本テレビ系)以来、5年ぶりに柴咲コウと脚本家・遊川和彦がタッグを組むオリジナル作品となっている。

柴咲演じる望美は、10歳の頃に不慮の事故に遭い25年間眠り続けたが、母・多恵(鈴木保奈美)の介護により目を覚ます。小学校の同級生であり、望美の初恋の相手・広瀬結人(坂口健太郎)は、心が10歳のままの望美に戸惑いながらも向き合っていく。

また、自分の存在意義に悩んでしまう妹・時岡愛美を橋本愛、優しさ故に何もできずに家族から背を向けてしまった父・今村進次役に田中哲司、進次の再婚相手・今村加奈役に富田靖子、その引きこもりの連れ子・今村達也役を竜星涼が演じる他、細田善彦、大友花恋らが出演している。

■第5話では望美(柴咲コウ)が結人(坂口健太郎)への気持ちを募らせる

前回放送の第4話では、反抗期を過ごし心が大人へと急速に成長し始めた望美だが、第5話ではさらに急速な成長を見せ、子ども時代を懐かしく感じ始める。多恵(鈴木)は、そんな思春期のような望美と、家庭教師として家を訪れる結人(坂口)の関係を不安げに見守る。

一方、達也(竜星涼)に手がつけられない状態が続く進次(田中哲司)の家では、加奈(富田靖子)が要求された整形費用100万円を達也に渡そうとしていた。

結人への気持ちが募る望美は、心配する多恵に「もう結人と付き合っている」とフライング交際宣言。その一方で、結人が過去のトラウマから教師に戻りたい気持ちを誤魔化していると感じる。恋人代行に向かう結人が気になり、望美が後を尾けると、その相手は妹の愛美(橋本愛)だった。

結人に恋心を抱き、その思いをストレートに表現する望美に困惑する結人。また、望美の恋心が心配の種でしかない多恵。そんな母親の気持ちが理解できず苦しむ望美は“大人”とはどうあるべきなのかに迷いながら、遂に家を出てしまう。