フリーアナウンサーの宇垣美里が11月10日発売の週刊誌「FLASH」1581号に初登場し、表紙と巻頭9ページの撮り下ろしグラビアを飾っている。また、同号にはグラビア卒業を発表したばかりの恵比寿マスカッツ・石岡真衣も登場している。

■宇垣美里、初登場で初表紙&巻頭グラビア9Pの大抜擢

同号の表紙と巻頭グラビアページに登場した宇垣は白のドレスで大人っぽく、赤いセーターではかわいらしく、パープルの部屋着ではくつろいで、3つの顔を見せている。

TBSアナからフリーに転身して1年半。インタビューでは

「チワプーを今年から飼っています。名前は『てんぷら』。かわいいですよ。会社員時代は、もし大きな災害が起きたりすると局に駆けつけないといけないので、犬を飼うことを我慢していました。ずっと頭の中でイメージトレーニングをしていて、これしなきゃとか、あれ買わなきゃとか、耳年増みたいになってました」

と、犬を飼い始めたことを明かし、笑顔を見せた。

■恵比寿マスカッツ・石岡真衣が30歳、節目のラストSEXY

同号には先日グラビア卒業を発表した恵比寿マスカッツのメンバー・石岡真衣も登場。沖縄にて撮影されたラスト写真集「雨上がり」より先行カットが掲載されている。

同写真集について、石岡は

「私、雨女なんです。最後くらい神様がきっとお天気にしてくれると信じていたのですが、まさかの全日程、雨天。逆にすごいですよね(笑)。でも、びしょ濡れになったからセクシーな仕上がりになったともいえます。いい味が出たので、結果オーライですね!」

と告白。また、グラビア卒業については

「私は中学生のころに小倉優子さんに憧れて、グラビアアイドルを目指しました。この9年間、ファンのみなさんのおかげで、雑誌の表紙を飾ったり、イメージDVDの売り上げが1位になったり、夢のような経験ができたことを感謝しています。30歳という節目の年を迎え、新しい自分になろうという挑戦の気持ちからグラビア卒業を決めました」

と心境を語っている。