11月11日(水)放送の「TOKIOカケル」(毎週水曜夜11:00-11:40、フジテレビ系)に3年ぶりとなる中条あやみと初登場の小澤征悦がゲスト出演する。

■“ある人”がきっかけでハマった小澤の趣味に長瀬も関係!?
TOKIOがゲストの知られざる一面を引き出すため、今まで聞かれた事がないであろう質問をゲストにぶつける企画「生まれてはじめて聞かれました」では、国分太一が「芸能界でいちばん自分に詳しい人は?」と尋ねると、小澤は「松本潤くん」と回答。仕事で共演したことはないというが、「まっすぐな男ですよね。たまに言い合うこともあります、必ず俺が負けますけど」と本音で語り合える仲だと明かした。

松本がきっかけでハマったという共通の趣味について小澤が話すと、松岡昌宏が「それには、実は長瀬が関係しているからね」とコメント。その趣味以外にも、小澤のプライベートに長瀬が影響を与えていることが判明すると長瀬が「変な関係性!」と笑う、そんな長瀬、小澤、松本の知られざる接点に迫る。

一方、中条が名前を挙げたのは「水川あさみ」。ドラマでの共演以来、同じ大阪出身ということもあり仲が良いという。いろいろな相談をすることも多いという中条だが、水川から言われたある言葉が忘れられないと明かした。

■“クロ判定”を勝ち取ってきたTOKIOも中条あやみの判定にタジタジ?

男子が女子からされたら“俺のこと好きかも”と思い込んでしまう行動を“好きアピール=クロ”か“意識していない=シロ”か、“シロクロ判定”をする企画「完全に好きアピ警察24時」。

自身の恋愛観について、中条は「積極的な方です」と分析。「失敗したり、待っていてもダメだなと思ったりして。せっかく好きになったのに、自分から伝えずに終わってしまうのはもったいない」と等身大の恋愛観を明かす中条に共感する小澤は、自身が“クロ”だと思う4つの行動を提案し、その中から「突然、似顔絵を描いてくる女性」を選んだ。

小澤の実体験だと言い、「描いてくれている間、ずっと女性を見ていたら…好きになってしまった」と照れ笑い。“証拠”のイラストもスタジオで披露し「これは真っクロです!」と自信たっぷり。しかし、中条に「シロです。小澤さんの顔は描きやすいんです」と冷静に判定される。

また長瀬が「“私、手が冷たいんです”と言ってくる女性。触って、ってことですよね。絶対クロ!」と主張するも、中条は「独り言です」と断言。これまで多くの“クロ判定”を勝ち取ってきたTOKIO「手ごわいな」「今日はクロでないかも」と弱腰になるが、小澤は「絶対負けない!」と暴走を始める。

■小澤「完全に中条さんに遊ばれていますね」

――今回の収録はいかがでしたか?

中条あやみ:TOKIOさん、小澤さんが面白すぎて、本番中に涙を流して笑ってしまいました。小澤さんは他の撮影現場でもいつも盛り上げてくださるので、実は今日も“どんなお話してくれるのかな”と期待していました。

小澤征悦:TOKIOさんにお会いしたいとずっと思っていました。テレビで見ていて“絶対、お話ししたら楽しいんだろうな”と思っていたので、今回実現できてうれしかったです。長瀬さんとの接点も引き出していただいてありがたかったです。松潤(松本潤)が長瀬さんの影響を受けていたことも今日初めて知り、驚きました。

――「好きアピ」企画についてはどうでしたか?

中条:年上の男性たちですが、皆さん、無邪気に夢を抱いていてすごくかわいいなと思いました。“男の子”はずっと青春でいいなと思いました。小澤さん、私も今後、似顔絵を描きますね(笑)。

小澤:似顔絵描かれたらイチコロだよ!いや〜完全に中条さんに遊ばれていますね!男性のほうがチョロいんだなと思いました。“絶対クロだ!”と思うカードを4枚持ち込んで気合十分で挑みましたが、女心はむずかしいですね。

――視聴者のみなさんへメッセージをお願いします。

中条:今回の小澤さんは、私が知る限り、いちばん絶好調だったと思います!小澤さんの勇姿をぜひ見ていただけたらと思います。

小澤:昨日8時間ぐっすり寝たおかげですね!TOKIOさん、中条さんと楽しく収録させていただいたので是非ご覧ください!